頭が悪い人はプログラミングを諦めたほうが良い?【結論あり】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • 頭が悪いんだけど、プログラミング習得できる?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • プログラミングは頭が悪い人でも習得可能
  • あまりに頭が悪い人はプログラミングは諦めるべき理由
  • 頭が悪いからプログラミングを諦めかけている人にアドバイス
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、知識0からプログラミングを学び、エンジニアをしております。

プログラミングって頭を使ってコードを書かないとかいけないので、頭が悪いとできないのでは?と思ってしまいますよね。

特に独学でプログラミングを学んでいると、そのような不安になるのは痛いほど分かります。

今回は、プログラミングは頭が悪い人でも習得可能なことや、あまりに頭が悪い人はプログラミングは諦めるべき理由について解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

この記事は、要約すると「プログラミングを一緒に頑張ろう!」という記事です。また、私自身あまり頭が良くありません(笑)

プログラミングは頭が悪い人でも習得可能

初めに結論ですが、プログラミングは頭が悪い人でも習得できます。

プログラミングを習得するのに頭の良さは必要ではなく、特別な能力も要りません。

少し勉強してみて、すぐ諦めるのはもったいないですよ。

いのうえ
いのうえ

私も今でこそ多少プログラミングをできるようになりましたが、初めは全くわからず挫折しました。

そもそも「頭が悪い」の定義とはなにか?

記事の冒頭から「頭が悪い」というワードを連発していますが、そもそもどうであれば頭が悪いのでしょうか。

  • 勉強ができない(学歴が低い)
  • 人に言われたことができない
  • 自分の頭で考えることができない

上記のようなことが考えられるかと思います。

ただし、一般的には、勉強ができない人を頭が悪いと言う場合が多く、この記事では

勉強ができない人 = 頭が悪い

と仮定します。

決して、勉強ができない人を揶揄している訳ではありません。仮定しないと議論が進みませんよね。

頭が悪い人でもプログラミングを使って仕事をしている

プログラミングを使う仕事では、エンジニアが代表的です。

「エンジニア」と一言で言っても

  • システムエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • 機械学習エンジニア
  • Webエンジニア

など、様々な種類のエンジニアがいます。

この中で、例えば、組み込みエンジニアは大学で工学を学んでいないと難しく、機械学習エンジニアは数学力が必要になります。

一方で、Webエンジニアは高卒の方でも、プログラミングを習得していれば仕事が務まります。

最近は、テックアカデミーなどのプログラミングスクールを経て、Webエンジニアになる方も多いです。

プログラミングを習得するのに頭の良さは不要

ここ部分がこの記事の肝となるのですが、プログラミングは単純な作業です。

プログラミングを勉強し始めた人は驚くかもしれませんが、事実です。

いのうえ
いのうえ

もちろん、非常に複雑なコードを書くときは頭の良さが必要かもしれません。ですが、そのような場合は少ないです。

プログラミングは「慣れ・経験」が物を言う世界で、経験年数が長いほど仕事ができます。

企業の求人でも、経験年数の条件があるのはそのためです。

どれだけ頭が良い人でも、長年エンジニアとしてプログラミングをしてきたエンジニアには敵いません。

つまり、頭が悪い人でもしっかり経験を積んで、プログラミングスキルを上げていけばエンジニアとして働くことができます。

あまりに頭が悪い人はプログラミングは諦めるべき理由

ここまで、頭が悪い人でもプログラミングは習得できると言ってきましたが、あまりに頭が悪い人は厳しいです。

理由は、次のとおりです。

  1. 自分で考えたり調べたりしないといけない
  2. プログラミングは論理的な思考が必要
  3. 常に知識をアップデートすることが求められる

それぞれ、深堀りしていきます。

自分で考えたり調べたりしないといけない

1つ目の理由は、自分で考えたり調べたりしないといけないからです。

「プログラミングは慣れ」と先ほど言いましたが、そうは言っても考えながらコードを書く必要はあります。

そして、自分が持っている知識では対応できない実装をしないといけないときは、調べて理解しないといけません。

いのうえ
いのうえ

さすがに「慣れ」だけではすべて対応できません。

実は、エンジニアの仕事はひたすらコードを書いているという訳ではありません。

分からないことを調べている時間も多いんですよ。

プログラミングの知識をすべて頭に入れるのは不可能なので、完璧主義は捨てたほうが効率は良いです。

プログラミングは論理的な思考が必要

2つ目の理由は、プログラミングは論理的な思考が必要だからです。

ここまで、「プログラミングには慣れと自分で考えて調べる力が必要」と言いましたが、それだけでは足りません。

それら2つを踏まえ、論理的に考えてプログラムを書かないけません。

とは言え、特別な頭の良さは必要ありません。慣れが大きく関係してくる部分が大きいです。

いのうえ
いのうえ

自分にとって複雑と感じるコードを、諦めるのはおすすめしません。論理的思考を鍛えるためにじっくり考えてみましょう。

常に知識をアップデートすることが求められる

3つ目の理由は、常に知識をアップデートすることが求められるからです。

どの職業でも新しい知識を吸収する必要はあるかもしれませんが、特にエンジニアはそれが顕著です。

数年前は流行った技術が今では下火になっているなんて、当たり前のようにあります。

いのうえ
いのうえ

エンジニアは勉強し続けていかないといけない職業なのです。

時代遅れの技術しか持ち合わせていないエンジニアは、淘汰されていくのです。

頭が悪いからプログラミングを諦めかけている人にアドバイス

最後に、自分は頭が悪いからプログラミングを諦めかけている人に3つアドバイスを送ります。

  1. 独学ならプログラミングスクールの無料体験を受けてみる
  2. プログラミングを基本からていねいにやり直す
  3. いったんプログラミングから離れてみるのもあり

それぞれ深堀りしていきます。

独学ならプログラミングスクールの無料体験を受けてみる

1つ目のアドバイスは、独学ならプログラミングスクールの無料体験を受けてみることです。

正直、これが最もおすすめです。

なぜなら、プログラミングを諦める原因で一番多いのが相談できる相手がおらず、一人で悩み込んでしまうことだからです。

例えば、プログラミングスクールのテックアカデミーでは、一週間無料で受講できて、現役エンジニアのサポートも受けられます。

いのうえ
いのうえ

私もテックアカデミーを受講した経験があります。いつでも質問できる環境は素晴らしいですよ。

無料体験を受けてみて気に入ったら、有料コースを受講するのも良いと思います。

とは言え、安いコースでも15万円ほどかかるので、難しいかもしれません。

ですので、独学で悩んでいる方はテックアカデミーの無料体験だけでも受けてみてください。

プログラミングを基本からていねいにやり直す

2つ目のアドバイスは、プログラミングを基本からていねいにやり直すことです。

あなたがプログラミングでつまづいているのは、頭が悪いからではなく基本をおざなりしているからかもしれません。

プログラミングは、基本ができていないと応用させてコードを書くことができません。

先ほどのテックアカデミーでも良いですし、費用を抑えたいなら講義動画を見れるサービスのUdemyもアリです。

いのうえ
いのうえ

Udemyは定期的にセールを行っています。安くたくさん買えるチャンスです。

まずは土台作りから頑張っていきましょう!

一旦プログラミングから離れてみるのもあり

3つ目のアドバイスは、いったんプログラミングから離れてみるのもありということです。

プログラミングがどうしてもキツイのであれば、無理してやる必要はありません。

もしかすると、あなたにはプログラミングより向いていることがあるかもしれません。

諦めて撤退するのは悪い選択ではありません。最後の手段として考えてみてください。

いのうえ
いのうえ

プログラミングを諦めたとしても、もっとあなたに合っていることはあるはずです。

まとめ:頭が悪いか関係なくプログラミングは努力が必要

今回は、プログラミングは頭が悪い人でも習得可能なことや、あまりに頭が悪い人はプログラミングは諦めるべき理由について解説しました。

この記事の要約
  • プログラミングは頭が悪い人でも習得可能
    1. 「頭が悪い」の定義は様々だが、勉強できない人を指すことが多い
    2. 頭が悪い人でもプログラミングを使って仕事をしている
    3. プログラミングを習得するのに頭の良さは不要
  • あまりに頭が悪い人はプログラミングは諦めるべき理由
    1. 自分で考えたり調べたりしないといけない
    2. プログラミングは論理的な思考が必要
    3. 常に知識をアップデートすることが求められる
  • 頭が悪いからプログラミングを諦めかけている人にアドバイス
    1. 独学ならプログラミングスクールの無料体験を受けてみる
    2. プログラミングを基本からていねいにやり直す
    3. 一旦プログラミングから離れてみるのもあり

プログラミングは頭が良い人のほうが上達も早いですが、頭が悪い人でもしっかり習得ができます。

大事なことは、プログラミングに関心を持ち、諦めることなく努力を積み重ねることです。

もし、独学で困っているのであれば、テックアカデミーなどのプログラミングスクールを受講してみてください。

以上、『頭が悪い人はプログラミングを諦めたほうが良い?【結論あり】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました