「プログラミングをやめたい」と悩む人に送る3つのアドバイス

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • プログラミングを学んだりエンジニアをやってるけど、やめたい

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • プログラミングをやめたい人へのアドバイス
  • どうしてもプログラミングをやめたいなら
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、知識0からプログラミングを学び、エンジニアをしております。

正直、プログラミングって辛いですよね。

私はプログラミングを独学で挫折して一旦はやめてしまったので、やめたい人の気持ちがよく分かります。

今回は、プログラミングをやめたい人へのアドバイスや、どうしてもプログラミングをやめたいならどうするべきか解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

プログラミングをやめたい人へのアドバイス

プログラミングをやめたい」と悩んでこの記事を読んでいるあなたは、おそらく次の2つのどちらかでしょう。

  • プログラミングを学んでいる、まだエンジニアではない方
  • プログラミングが辛くなった、現在エンジニアの方

そんなあなたに僭越ながら私から送るアドバイスは、次の3つです。

  1. 長期的な視点で考える
  2. 一旦離れてみて興味が復活したら戻ってくる
  3. 独学で困っているなら環境を変える

それぞれ深堀りしていきます。

長期的な視点で考える

プログラミングをやめたい人へのアドバイスの1つ目は、長期的な視点で考えることです。

これは特にプログラミングを学び始めたばかりの方に言いたいことですね。

プログラミングは、学校の勉強や資格試験とは全く毛色が違うものです。

何か越えられそうにない壁が立ちふさがっても、まずはどっしり構えて一つずつていねいに理解を進めていってみてください。

いのうえ
いのうえ

誰もが最初は初心者です。頑張って壁を乗り越えた先に、見えてくるものがありますよ。

私の場合、PHPのオブジェクト指向でつまずいてプログラミングをやめたくなりました。

Progateを使って独学をしていたのですが、なんとなくは理解できたものの「結局どういうこと?」って感じでよく分かりませんでした。

その後、テックアカデミーというプログラミングスクールを受講して、じっくり学んだら理解できました。

ですので、今はわからなくても必ず分かるときが来ます。焦らず、本質を理解しながら勉強していってみてください。

プログラミングに限らずですが、理解できるようになってくると加速度的に上達します。「脱初心者」ができれば、スイスイ学習が進みますよ!

一旦離れてみて興味が復活したら戻ってくる

プログラミングをやめたい人へのアドバイスの2つ目は、一旦離れてみて興味が復活したら戻ってくることです。

やはり、人間は辛くてやめたいことは続かないので、一旦離れてみることが大切ですね。

具体的には

  • プログラミング学習中の方 → 一旦やめてみる
  • 現在エンジニアの方    → 転職してみる

上記のとおりです。

プログラミング学習中の方であれば、「そもそも、なぜプログラミングを学びたいと思ったのか?」を思い出してみると良いです。

特に目的もなくプログラミング学習を始めたのなら、まずは目的を決めてみることをおすすめします。

いのうえ
いのうえ

目的があるとプログラミングをやめたくなったとき、心の支えになりますよ。

目的の決め方は、プログラミングを学ぶ目的は決まっていますか?なんとなくは危険ですにて解説しているので、参考にしてください。

現在エンジニアの方は、転職してみて他の職種を経験してみるのも手です。

一旦プログラミングから離れてみて、やっぱりプログラミングがやりたくなったら戻ってれば良いだけですね。

「隣の芝生は青い」ではないですが、プログラミングをやめたい状況だと他のことが魅力的に見えます。

でも、他のことやってみて、やっぱりプログラミングのほうが合ってると認識することがあるかもしれません。

独学で困っているなら環境を変えてみる

プログラミングをやめたい人へのアドバイスの3つ目は、独学で困っているなら環境を変えてみることです。

独学で一番困ることは、質問できる相手がいないことですよね。

すでに述べたとおり、プログラミングは毛色が違うので、たとえ勉強が得意でも苦労することがあります。

いのうえ
いのうえ

自分で言うのもなんですが、私は勉強は結構得意です。しかし、プログラミングは独学では挫折しました。そして、プログラミングスクールを受講しました。

プログラミングスクールを受講するとしても、独学と比べて費用がべらぼうにかかるのが欠点ですよね。

安くても料金は15万円くらいはします。

とは言え、一人でどれだけ考えても分からないことは分からないままなので、気合いがある方はプログラミングスクール受講をおすすめします。

私が受講したテックアカデミーの無料体験なら、1週間質問し放題&1対1でエンジニアに相談もできるので、試してみるのもありですよ。

テックアカデミーの無料体験

1対1でエンジニアに相談すると、特典でAmazonギフト券がもらえます。

また、プログラミングスクールを受講しないとしても、独学で煮詰まっているならMENTAなどでエンジニアから指導を受けてみましょう。

人に教えてもらうと理解が深まるので、質問できる相手を見つけてみてください。

どうしてもプログラミングをやめたいなら

ここまで、プログラミングをやめたい方にアドバイスを3つ送りました。

とは言え、もうプログラミングはコリゴリな方もいらっしゃると思います。

そのような状況なら、スパッとプログラミングをやめれば良いです。

  • プログラミング学習中の方 → 完全にやめる
  • 現在エンジニアの方    → 転職する

こんな感じですね。

せっかく取り組んできたプログラミングをやめるのは悪い決断ではありません。

むしろ、今後も「プログラミングをやめたい」と心の中で思いながらも、人生の限られた時間をプログラミングに使うことのほうが良くないです。

もし、他に興味があることが無くても、焦る必要はありません。じっくり探していけばOKです。

あなたが本当に興味があってやりたいことに情熱を向けていきましょう!

まとめ:プログラミングをやめるかじっくり考えてみてください

今回は、プログラミングをやめたい人へのアドバイスや、どうしてもプログラミングをやめたいならどうするべきについて解説しました。

この記事の要約
  • プログラミングをやめたい人へのアドバイス
    1. 長期的な視点で考える
    2. 一旦離れてみて興味が復活したら戻ってくる
    3. 独学で困っているなら環境を変えてみる
  • どうしてもプログラミングをやめたいなら
    1. スパッとプログラミングをやめる
    2. 限られた時間を他のことに情熱を向ける

プログラミングはアプリ開発などのための手段ですが、極論を言えば飯を食っていくための手段ですよね。

今後、プログラミングを使って仕事することに魅力を感じるなら、続ける決断をすると良いですね。

私からのアドバイスがあなたの役に立ったのなら幸いです。

以上、『「プログラミングをやめたい」と悩む人に送る3つのアドバイス』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました