テックアカデミーを受講して挫折しないためにやるべきこと3選

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • テックアカデミーを受講して挫折しないためにやるべきことは?

こんな悩みを解決します。

いのうえ
いのうえ

こんにちは、学生フリーランスエンジニアのいのうえ(@inouelog)です!

この記事で紹介する3つのことを実践すれば、テックアカデミーを受講して挫折することはありません。

なぜなら、私はテックアカデミーの元受講生で、これから紹介する3つのことを実践した結果、余裕を持って卒業できたからです。

ぜひ最後まで読んで、自信を持ってテックアカデミーを受講開始してください!

この記事の情報は、2021年5月時点のものです。最新情報は「テックアカデミー公式サイト」をご覧ください。

テックアカデミーで挫折しないためにやるべきこと

① 受講開始までに予習をする

良いスタートダッシュを切るために、予習は必ずやってください。

テックアカデミーは、受講開始する約2週間〜8週間前に申し込みをします。ですから、ギリギリに申し込んでも、最低2週間は受講開始まで時間があります。

なんと、テックアカデミーでは、申し込んだらすぐに教材を見ることが出来ます!

特に全くプログラミングをやったことない方は、受講開始までにどんどん予習を進めることをおすすめします。

テックアカデミーの先割

また、受講開始日より約4週間以上前に申し込みをすると、「先割」という制度が適用されて、5%オフで受講することが出来ます。

予習する時間を多く取れて、先割も適用されるので、テックアカデミーを受講することを決めたら早めに申し込むと良いでしょう。

>>テックアカデミーの先割を確認する

② 毎日コツコツ勉強する

まず、下の画像を見てください。

テックアカデミーの学習時間の目安

赤枠で囲んであるのは、各料金プランで要求される1週間あたりの学習時間の目安です。

例えば、8週間プランであれば、1週間で20〜25時間が目安です。7で割って計算すると、毎日約3時間プログラミングの勉強をする必要があるのが分かりますね。

大事なのは、毎日決まった時間学習する習慣をつけることです。

プログラミングというのは、知識をインプットするのも大事ですが、結構「慣れ」というのも大事です。毎日プログラミングをしていると、自然とコードが書けるようになっていきます。

ですから、どうしても時間が取れない場合を除いて、出来るだけ毎日テックアカデミーの教材で勉強しましょう。

いのうえ
いのうえ

テックアカデミーの教材はよく出来ています!

③ 分からないことは分かるまで質問をする

テックアカデミーで学習を進めていると、必ず分からないことが出てきます。そんなときに活用したいのが「チャットサポート」です。

チャットサポートとは、毎日15時〜23時に現役エンジニアの方にチャットで分からないことを質問できるサービスです。
質問をすると数分で返事が来るので、非常に効率よくプログラミングの学習ができます。

現役エンジニアの方はみんな親切に返事してくれるので、チャットサポートは必ず活用しましょう

ちなみに、私はテックアカデミーのPHP/Laravelコースを受講しましたが、後半から内容が難しくなったので、一日何回もチャットサポートで質問をしていました。おかげで、とても理解が深まりました。

いのうえ
いのうえ

チャットサポートは本当に便利です。

まとめ

テックアカデミーを受講して挫折しないためにやるべきことを3つ紹介しました。

自信を持ってテックアカデミーを受講できそうでしょうか?

「まだ不安だけど、テックアカデミーには興味がある」という方は、無料体験を受けてみるのがおすすめです。

無料体験では、1週間テックアカデミーを実際に受講するときと全く同じように学習することができます。

もちろん、無料で費用はかからないのでリスクはゼロです。少しでもテックアカデミーが気になるのでしたら、迷っている時間がもったいないので、まずは無料体験を受けてから判断しても良いでしょう。

以上、『テックアカデミーを受講して挫折しないためにやるべきこと3選』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました