テレビのない生活を3年間続けて実感している3つのメリット

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • テレビのない生活ってどんなメリットがあるの?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • テレビのない生活を始めた経緯
  • テレビのない生活で得られる3つのメリット
  • テレビのない生活の唯一のデメリット
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、テレビのない生活を3年間続けている大学生です。

テレビのない生活って想像できますか?

多くの人が子どもの頃からテレビのある生活を送り、現在も日常的にテレビを見て生活しているので、難しいでしょう。

今回は、テレビのない生活で得られる3つのメリットや、唯一のデメリットについて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

テレビのない生活を始めた経緯

テレビのない生活を始める前の私は、熱心に芸能人のファンをしているような人間でした。

毎日芸能人のテレビ出演情報をチェックして、出演時は欠かさず見ていました。

ある日、受験勉強が忙しくなってきてテレビを見る時間をあまり取れなくなり、思いました。

他人の人生に熱狂し、追いかける生活で良いのだろうか?

いのうえ
いのうえ

他人の人生に自分の時間を使うのが馬鹿らしくなった感じです。

ちょっと大袈裟すぎるかもしれませんが、テレビ番組を見る行為は他人に熱狂する活動です。

例えば

  • アイドルの自宅公開
  • 芸人の外ロケ
  • 恋愛ドラマ

どうでしょう?

すべて芸能人(=他人)の活動を受動的に見て、熱狂しているだけですよね。

そして、基本的にテレビを見ても役に立つことはありません。

「それなら、テレビは見なくても良いのでは?」と思い、テレビのない生活を始めました。

テレビのない生活で得られる3つのメリット

他人に熱狂する生活をやめるために始めたテレビのない生活ですが、多くのメリットがありました。

次の3つです。

  1. 圧倒的に時間ができる
  2. 不必要だったり嫌な情報を見なくて済む
  3. 自分に向き合える

それぞれ深堀りしていきます。

圧倒的に時間ができる

テレビのない生活で得られるメリットの1つ目は、圧倒的に時間ができることです。

テレビを見ていた時間が丸々浮くので、当たり前といえば当たり前です。

日本人は平均して平日は3時間、休日は3時間半もテレビを見ています。

計算すると、1週間で22時間もテレビを見ていることになります。

テレビを見ている方は「テレビを全く見ない」とまでは行かなくても、1週間のうちの約1日分はテレビを見て消費している現状を考え直しても良いでしょう。

さて、テレビのない生活でできた時間で私は、自己研鑽に取り組みました。

具体的には

  • 英会話
  • プログラミングの学習
  • ブログの運営

などです。

私は英語の読解は得意なのですが話すのが苦手でした。

そこで、DMM英会話を毎日続けて、英語を話すのに抵抗が無くなりました。

また、テックアカデミーというプログラミングスクールを受講してプログラミングを学び、フルリモートでエンジニアをしたり、このブログで情報発信をしています。

以前のようにテレビを見る生活だと、間違いなく上記のことをやる時間はありませんでした。

いのうえ
いのうえ

やろうとも思っていなかったでしょう。

それだけ、テレビがないことは日々の生活に時間をもたらしますよ。

不必要だったり嫌な情報を見なくて済む

テレビのない生活で得られるメリットの2つ目は、不必要だったり嫌な情報を見なくて済むことです。

私が感じた中ではこれが最大のメリットでした。

というのも、テレビは私達には無関係な情報で溢れています。そして、ネガティブなものも多いです。

例えば、一見有益そうなニュース番組ですが、本当に有益でしょうか?

  • 殺害事件
  • 政治家の不祥事
  • 芸能人の不倫

こんな内容ばかりではありませんか?

実は、私は初めは完全にテレビを見ない生活を送るのではなく、ニュース番組だけは見ようと思っていました。

ですが、流れてくるニュースを一つ一つ精査したところ、99%が自分には無関係であると判断しました。

そして、完全にテレビを見るのをやめました。

いのうえ
いのうえ

私はアプリなどを使ってネットでニュースを見ることもしていません。テレビと同じで自分に無関係なものばかりだからです。

情報は自分で能動的に取りに行くものだと考えています。気になることはその時にネット検索をして調べています。

(最近はAmazon Prime Videoなど利用して、テレビ番組外から見る番組を選択する人も増えたようですね。)

さて、このように無駄な情報を排除した結果、私は感情を揺さぶられることが少なくなりました。

ニュース番組で流れてくるニュースが、自分には無関係であってもネガティブな内容だと、落ち込んでしまうことが多かったからです。

バラエティ番組でも暴言などを見ると落ち込んでいました。

無意識のうちにストレスを溜めている状況に陥っていたので、テレビのない生活を始めて良かったです。

自分に向き合える

テレビのない生活で得られるメリットの3つ目は、自分に向き合えることです。

テレビを見るタイミングってほとんどの場合が暇なときですよね?

つまり、日々忙しく生活している中でできた自分の時間をテレビで消化しているわけです。

これは非常にもったいないことですよ。

私は

  1. テレビを見ない
  2. 自分に向き合える
  3. 新しいアイディアが生まれてくる

という流れを大切にしています。

例えば、この記事も「テレビを見ない生活が気になる人に良い情報を届けられないか?」というアイディアから執筆しています。

本当に小さいことですが、自分に向き合って挑戦してみると結果に関わらず日々が充実してきます。

すでに述べた「圧倒的に時間ができる→自己研鑽」に似てると感じるかもしれませんが、こちらは思考を働かせることが中心です。

いのうえ
いのうえ

例えば、ずっとやろうと思ってたのに、そのままにしていることはありませんか?

今日だけでも思考停止でテレビを見て満足する生活を一旦やめて、自分に向き合う時間を作っても良いでしょう。

テレビのない生活の唯一のデメリット

ここまでテレビのない生活のメリットについて述べてきましたが、唯一にして最大のデメリットも存在します。

それは

  • テレビの話題についていけなくなる

ことです。

当たり前ですね(笑)

ですが、これ以外のデメリットを感じたことは一度もありませんよ。

テレビの話題についていけなくなる

私自身、テレビの話題についていけなくても良いと思っていますが、友人との雑談で困ることはあります。

例えば、私にはお笑い芸人が好きな友人がいるのですが、好きな若手芸人を聞かれたときは困りました。

いのうえ
いのうえ

幸い、霜降り明星の粗品を知っていたので、なんとか答えることはできましたが。

テレビのない生活を送っていると、テレビや芸能が好きな人にはつまんない人だと思われて、親しくなることは難しいでしょう。

ですが、私はテレビを見ないことで時間ができたりすることのほうがメリットを感じているので、気にしていません。

まとめ:テレビのない生活で困ることはない

今回は、テレビのない生活で得られる3つのメリットや、唯一のデメリットについて解説しました。

この記事の要約
  • テレビのない生活を始めた経緯
    1. 他人の人生に熱狂し、追いかける生活に疑問を抱く
    2. テレビを見ても役に立たないと感じる
  • テレビのない生活で得られる3つのメリット
    1. 圧倒的に時間ができる
    2. 不必要だったり嫌な情報を見なくて済む
    3. 自分に向き合える
  • テレビのない生活の唯一のデメリット
    1. テレビの話題についていけなくなる

私はテレビのない生活を始めて大正解だったと確信しています。

ですが、テレビを見ている人を否定したり、テレビを見ないことを強要するつもりはありません。

この記事を読んで興味が出たのであれば、期間限定でも良いのでテレビを見ない生活を送ってみてください。

以上、『テレビのない生活を3年間続けて実感している3つのメリット』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました