テックアカデミーのおすすめコースを徹底解説【必ず見つかる】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • TechAcademy(テックアカデミー)で自分に合うコースがわからないので、おすすめコースを知りたい

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • TechAcademy(テックアカデミー)のコースの選び方
  • 就職・転職向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース
  • 副業向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース
  • 30代後半以上向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース
  • 超初心者向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース

この記事を書く私は、現役エンジニアでTechAcademy(テックアカデミー)受講経験があります。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースを詳しく知りたいあなた。

真剣にプログラミングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。

プログラミングはこれからの時代に必須のスキルです。

そんな価値のあるスキルを自分の意志で学ぼうとしているとはステキですね。

今回は、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースついて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

早い者勝ち!無料体験を受けたい方はこちら↓

30秒で受講者数No.1スクールを受講可能
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金1万円オフのクーポン付き!
※無料体験はいつ終わるかわからないのでお早めに
※合わせて無料相談でAmazonギフト券プレゼント

TechAcademy(テックアカデミー)のコースの選び方

TechAcademy(テックアカデミー)
TechAcademy(テックアカデミー)

はじめに、TechAcademy(テックアカデミー)について簡単に解説します。

TechAcademy(テックアカデミー)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • プログラミングスクール業界で受講者数No.1
  • メンターは通過率10%の選考を通過した現役エンジニア
  • すべてオンラインで受講できる

そんなTechAcademy(テックアカデミー)って非常に多くのコースがありますよね。

なんと25コース以上!

いのうえ
いのうえ

プログラミングスクールでは、最も多いコース数です。

でも、コース数が多すぎると、どのコースを受講したら良いかわからないですよね。

効果的なコースの選び方は、2つあります。

  1. 公式サイトのオススメコース診断を受ける
  2. 目的や現状を軸にして、この記事で紹介するコースから選ぶ

両方から情報を得つつ検討し、最終的にあなた自身で決めるのがベスト。

順番にそれぞれ解説します。

公式サイトのオススメコース診断を受ける

はっきり言って、オススメコース診断を受ければ、一瞬であなたに合うコースが見つかります(笑)

完璧な診断結果が得られるわけではありません。

とは言え、1分で診断は完了するので、まずはサクッと受けてみてください。

受ける手順は簡単。

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイトにアクセスします。

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイト
TechAcademy(テックアカデミー)公式サイト

画面の上のほうの「はじめての方へ」→「オススメコース診断」。

オススメコース診断を選択
オススメコース診断を選択

あとは「今すぐ診断する」をクリックすると診断が始まるので、選択式の質問に答えていくだけ。

「今すぐ診断する」で開始
「今すぐ診断する」で開始

回答が終わると診断結果が出るので、あなたに合いそうならそのまま受講しちゃってOKです。

例えば

  • 転職・就職したい
  • 現在は学生
  • 興味あるのはWeb制作

を選択したところ、「はじめての副業コース」がおすすめだと診断されました。

オススメコース診断の結果
オススメコース診断の結果
いのうえ
いのうえ

診断結果のコースがおすすめである理由も教えてもらえるので、便利ですよ。

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイトから今すぐどうぞ。

目的や現状から選ぶ

先ほどのオススメコース診断はよくできているのですが、やや不親切なところもあります。

例えば

  • 教養として勉強したい

を選択すると、すぐに「はじめての副業コース」が出てきます。

はじめての副業コースはWebサイト制作を学ぶコースなので、学習する言語はHTMLやCSS、JavaScriptです。

でも、他のプログラミング言語や分野を学びたい方もいらっしゃいますよね。

オススメコース診断は便利ですが、必ずしも完璧ではない理由です。

そこで、現役エンジニアでTechAcademy(テックアカデミー)受講経験のある私が、あなたに合うおすすめコースを徹底解説します。

いのうえ
いのうえ

可能な限りわかりやすく!

コースの選び方の軸は、目的や現状です。

具体的には次の4つ。

上記リンクをクリックすると、おすすめコースを解説している場所までスクロールします。

ぜひ、お使いください。

就職・転職向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース

エンジニアとして就職や転職したい人におすすめのコースは、次の3つです。

順番にそれぞれ解説します。

Webアプリケーションコース

Webアプリケーションコース
Webアプリケーションコース
コース名Webアプリケーションコース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS/Bootstrap)
Webアプリ開発(Ruby/Ruby on Rails)
データの管理(SQL)
Webアプリ公開(Heroku)
コードのバージョン管理(Git/GitHub)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
分割払いの料金社会人:月々7,288円〜
学生:月々6,830円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の作品例ダイエット管理アプリ
作曲家や作詞家が集まるSNS
大学についての相談サービス
小説投稿サイト
転職サポートTechAcademy(テックアカデミー)キャリアを利用
※受講生限定の転職サポート
おすすめ度5.0
公式サイトWebアプリケーションコース公式サイト
Webアプリケーションコースの概要

Webアプリケーションコースは、プログラミング言語「Ruby」を使ってWebアプリを開発するコースです。

こんな人におすすめ!
  • エンジニア就職・転職を考えているが、何をしたら良いかわからない
  • Webサービスを開発してみたい
  • 時間と場所にとらわれない働き方をしたい

エンジニア就職や転職を考えていて、特別な理由がないならWebアプリケーションコースを選びましょう。

なぜなら、言語別の平均年収でRubyは上位であり、求人も十分に多いから。

雇用形態平均年収
会社員561万円
フリーランス960万円
平均年収の違い

まずは会社員として数年経験を積んだのち、フリーランスになることで大幅に年収を上げれます。

また、Webアプリケーションコースは、TechAcademy(テックアカデミー)で最初にできたコースでもあります。

なので、時間をかけてカリキュラムは非常に精錬されています。

いのうえ
いのうえ

受講しておいて間違いありません。コース選びで迷ったら、まずはWebアプリケーションコースを検討してください。

フロントエンドコース

フロントエンドコース
フロントエンドコース
コース名フロントエンドコース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS/Bootstrap)
Webサイト公開(サーバー)
動的なWebサイト構築(JavaScript/jQuery/Vue.js)
Webサービスの公開情報の利用(Web API)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
分割払いの料金社会人:月々7,288円〜
学生:月々6,830円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の作品例撮影した風景をクイズとして出題できるサービス
中央線を解説しているサイト
転職サポートTechAcademy(テックアカデミー)キャリアを利用
※受講生限定の転職サポート
おすすめ度4.5
公式サイトフロントエンドコース公式サイト
フロントエンドコースの概要

フロントエンドコースは、おしゃれな動きのあるWebサービスを開発するコースです。

こんな人におすすめ!
  • アニメーションのあるWebサイトを作ってみたい
  • オリジナリティあふれる見た目のWebサイトが好き
  • Webデザインを本気で学びたい

アニメーションのあるWebサイト制作ができるようになるので、仕事の幅が一気に広がります。

また、「フロントエンド」という言葉は「バックエンド」の対義語であり、説明すると次のとおり。

名前担当業務コース例
フロントエンド目に見える部分を開発するフロントエンドコース
バックエンド目に見えない部分を開発するWebアプリケーションコース

フロントエンドはユーザーから入力された情報を記録したりするなど、「データベース」というものを扱う業務はできません。

主に、Webサイトの見た目を整えるのがメインです。

また、Webサイトを公開する際は、レンタルサーバーというものを契約する必要があります。

ところが、フロントエンドコースでは、さくらレンタルサーバー社と3ヶ月無料で契約する特典が付くので、安上がり!

いのうえ
いのうえ

プログラミング初心者は、レンタルサーバーを契約するのは初めての人がほとんどなので、助かりますね。

エンジニア転職保証コース

エンジニア転職保証コース
エンジニア転職保証コース
コース名エンジニア転職保証コース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS/Bootstrap)
Webアプリ開発(Java)
データの管理(SQL)
Webアプリ公開(Heroku)
コードのバージョン管理(Git/GitHub)
AIを使ったデータ分析
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)16週間:437,800円
分割払いの料金月々18,242円〜
適用できる割引【5%オフ】
・先割
メンタリング31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安13〜22時間
※合計学習時間:300時間
卒業生の転職事例カスタマーサポート → エンジニア
メーカー技術職 → エンジニア
飲料メーカー営業職 → エンジニア
転職サポートエンジニア転職保証コース独自の個別サポート
※プログラミング学習期間中から実施
おすすめ度4.0
公式サイトエンジニア転職保証コース公式サイト
エンジニア転職保証コースの概要

エンジニア転職保証コースは、16週間フルタイムでプログラミングを学んで、東京のIT企業に転職ができるコースです。

こんな人におすすめ!
  • フルタイムでプログラミングを学ぶ覚悟がある
  • 手厚い転職サポートを利用して、絶対にエンジニアになりたい
  • エンジニアに転職して、年収を上げたい

学ぶプログラミング言語は、大規模システム開発によく使われる「Java」。

また、コース名どおり、エンジニアに転職できなければ全額返金を受けることができます。

ただし、条件もあるので、次の内容に目を通しておいてください。

  • 受講開始時点で20歳以上32歳以下の方
  • 新卒での就職ではなく転職を検討されている方
  • 東京での勤務が可能な方
  • IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方

    その他複数

また、これまで紹介した2コースと違い、転職活動で専属のキャリアカウンセラーがつきます。

履歴書・職務経歴書の作成から企業との面接の調整まで、すべて面倒見てもらえるので、とても便利。

不安なエンジニア転職を有利に進められますね。

いのうえ
いのうえ

仕事を辞めてプログラミング学習する必要があるので、ハードルは高いですよね。しかし、必ずエンジニア転職を成功させる強い意志があるなら、非常におすすめです。

副業向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース

プログラミングを使って副業したい人におすすめのコースは、次の1つだけです。

解説していきます。

はじめての副業コース

はじめての副業コース
はじめての副業コース
コース名はじめての副業コース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS)
動的なWebサイト構築(JavaScript/jQuery)
画像加工(Photoshop)
Webサイトのデザイン作成(Adobe XD)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
【ライトプラン】
12週間:99,900円
※メンタリングなし
分割払いの料金月々4,163円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の副業実績育児と仕事を両立しながら、65万円の収入
接客業ををしながら、30万円の収入
介護施設スタッフをしながら、30万円の収入
案件例大手建築企業のWebページ制作
大手ITサービスのWebページ制作
大手美容サービスのWebページ制作
おすすめ度5.0
公式サイトはじめての副業コース公式サイト
はじめての副業コースの概要

はじめての副業コースは、デザイン案からWeb制作まで行うスキルを身に着けて、副業で稼げるコースです。

こんな人におすすめ!
  • 本業以外に収入を得て、生活にゆとりが欲しい
  • Webサイト制作を学んで、稼ぎたい
  • 手に職をつけたい

はっきり言って、初心者がプログラミングを使って副業をするなら、Webサイト制作一択。

つまり、副業収入を得るために効率の良いコースと言えます。

副業の種類時給
プログラミング2,360円
ライティング1,238円
データ入力652円
副業の相場

また、はじめての副業コースでは、慣れないプログラミング案件獲得が不要です。

なぜなら、テックアカデミー側から案件を提供してもらって、稼ぐことができるから。

コツをつかんだら、卒業後も案件を受注して稼ぎ続けられますよ。

いのうえ
いのうえ

Webサイト制作の副業は場所と時間を選ばすできるので、仕事が忙しい人も十分取り組めますね。

30代後半以上向けのTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース

30代後半以上でエンジニアに転職をしたい人におすすめのコースは、次の2つです。

順番にそれぞれ解説します。

PHP/Laravelコース

PHP/Laravelコース
PHP/Laravelコース
コース名PHP/Laravelコース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS/Bootstrap)
Webアプリ開発(PHP/Laravel)
データの管理(SQL)
Webアプリ公開(Heroku)
コードのバージョン管理(Git/GitHub)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
分割払いの料金社会人:月々7,288円〜
学生:月々6,830円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の作品例動物写真の共有サイト
研究室と学生をマッチングするサービス
転職サポートTechAcademy(テックアカデミー)キャリアを利用
※受講生限定の転職サポート
おすすめ度5.0
公式サイトPHP/Laravelコース公式サイト
PHP/Laravelコースの概要

PHP/Laravelコースは、プログラミング言語「PHP」を使ってWebアプリを開発するコースです。

こんな人におすすめ!
  • Webアプリを開発してみたい
  • とにかくWebエンジニアに転職したい
  • 地方での就職も考えている

PHPは昔からよくWeb業界で使われいてる言語で、幅広い求人があります。

また、Webアプリケーションコースで学ぶRubyに比べ、地方での求人も多いのも特徴。

プログラミング言語求人のある地域
Ruby主に首都圏
PHP地方にも多い
プログラミング言語の地域別求人

とは言え、待遇の良いIT企業は東京に集中しがちなので、Rubyを学んだほうが年収は上げやすいでしょう。

ですが、30代後半から未経験でエンジニア転職する難易度を考えると、PHPを学んだほうが無難です。

PHPでも経験を積めば、Rubyと同じくらいの単価で働くことは十分可能です。

いのうえ
いのうえ

バックエンドエンジニアを目指す方で若い方はRuby、若くない方はPHPですね。

Javaコース

Javaコース
Javaコース
コース名Javaコース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS)
システム・Webアプリ開発(Java/Servlet/JSP)
データの管理(SQL)
Webアプリ公開(Heroku)
コードのバージョン管理(Git/GitHub)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
分割払いの料金社会人:月々7,288円〜
学生:月々6,830円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の就職事例元飲食店 エリアマネージメント → エンジニア
メーカー技術職 → エンジニア
会社員 営業職 → エンジニア
転職サポートTechAcademy(テックアカデミー)キャリアを利用
※受講生限定の転職サポート
おすすめ度4.0
公式サイトJavaコース公式サイト
Javaコースの概要

Javaコースは、大規模システム開発でよく使われる「Java」を学んで、システム開発ができるようになるコースです。

こんな人におすすめ!
  • システム開発をしてみたい
  • とにかくエンジニアになりたい
  • SIerに就職も考えている

一言でいうと、Javaコースはエンジニア転職保証コースより転職サポート薄いバージョンです。

違いは次のとおり。

コース名転職サポート内容紹介求人
エンジニア転職保証コース専属のキャリアカウンセラーによる
・自己分析サポート
・履歴書・職務経歴書添削
・面接対策
1,000社以上
Javaコーステックアカデミーキャリアを利用して、案内を受け取る随時紹介

では、Javaコースのメリットはなにか?というと、仕事と平行で受講できること。

エンジニア転職保証コースはフルタイム受講なので、どうしても仕事をやめて専念する必要があります。

「専念する勇気はないけど、エンジニア転職を考えている」なら、Javaコースです。

いのうえ
いのうえ

30代後半以上の方でプログラミング学習に専念するのは割とリスクあるので、Javaコースで手を打っておくのがベストですね。

コースの難易度が低いTechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース

難易度の低いコースを受けたい人におすすめのコースは、次の1つだけです。

解説していきます。

Webデザインコース

Webデザインコース
Webデザインコース
コース名Webデザインコース
学習内容Webサイト制作(HTML/CSS/Sass)
動的なWebサイト構築(JavaScript/jQuery)
画像加工(Photoshop)
Webサイトの構成作成(Cacoo)
受講終了後のカリキュラム閲覧無期限で可能
※随時アップデートあり
料金(税込み)【社会人】
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
【学生】
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
分割払いの料金社会人:月々7,288円〜
学生:月々6,830円〜
適用できる割引【5%オフ】
先割
【1万円オフ】
トモ割
無料体験の受講
無料メンター相談の利用
無料説明会動画の視聴
メンタリング4週間:7回
8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
※週2回、初週のみ1回
チャットサポート15〜23時(8時間)
※時間外も質問受付は可能
1週間の学習時間の目安4週間:40〜50時間
8週間:20〜25時間
12週間:14〜18時間
16週間:10〜13時間
※合計学習時間:160時間
卒業生の作品例Webデザインのトレンドを取り入れたWebサイト
家族写真の撮影とアルバム制作を提供するサービス
保育園のWebサイト
自分自身のポートフォリオ管理サイト
転職サポートTechAcademy(テックアカデミー)キャリアを利用
※受講生限定の転職サポート
おすすめ度4.5
公式サイトWebデザインコース公式サイト
Webデザインコースの概要

Webデザインコースは、かんたんなWebサイト制作を学び、オリジナルWebサイトを作れるようになるコースです。

こんな人におすすめ!
  • プログラミングをやったことがない
  • Webサイトを作ってみたい
  • プログラミングに苦手意識がある

一言でいうと、Webデザインコースは、はじめての副業コースのレベルを落としたバージョンです。

違いは、次のとおり。

コース名Webサイト制作の到達点
はじめての副業コースWebサイト制作で案件を受注できる
WebデザインコースオリジナルのかんたんなWebサイト制作ができる
コースの到達点の違い

プログラミングの中ではWebサイト制作が1番初心者向けなので、わりと甘く見てる人はいます。

ですが、たとえ副業だとしても、しっかり仕事でお金をいただけるレベルに行くには、相応の努力が必要。

なので、まずはWebデザインコースで着実に基礎を固めるのも良い選択ですよ。

いのうえ
いのうえ

プログラミングは基本でつまずくと、後から苦労します。焦らずいきましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の受講を迷っている方へ

今回は、TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコースついて解説しました。

この記事の要約

TechAcademy(テックアカデミー)はコースが非常に多くて迷いますが、この記事を参考になれば幸いです。

どのコースを選んでも、必ず期待に応えてくれるカリキュラムと講師陣が待ってますよ。

最後に、TechAcademy(テックアカデミー)の受講を迷っているあなたに、大事なことをお伝えします。

行動するのが早ければ、プログラミングのスキルが身につくのも早い

ということです。

不安で決断に時間をかけたい気持ちは痛いほど分かりますが、迷っている時間がもったいないです。

TechAcademy(テックアカデミー)には、無料体験があります。

無料体験を受けてから、もし「自分に合わない」と思ったら、やめれば良いだけです。

無料なのでリスクはゼロです。迷って時間を無駄にせず、思い切って申し込むべきです。

補足:TechAcademy(テックアカデミー)は値上げする可能性あり

TechAcademy(テックアカデミー)に申し込むなら、絶対に「今すぐ」がベストです。

なぜなら、昨今のプログラミングブームにより、プログラミングスクールは値上げが続いており、TechAcademy(テックアカデミー)も

Webアプリケーションコース:129,000円(税込) → 174,900円(税込)

と値上げしているからです。

今後、さらに値上げする可能性も十分にあります。

後から値上げした料金を払うより、今決断をして行動するほうが賢明な判断ですよね。

30秒で受講者数No.1スクールを受講可能
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金1万円オフのクーポン付き!
※無料体験はいつ終わるかわからないのでお早めに
※合わせて無料相談でAmazonギフト券プレゼント

以上、『テックアカデミーのおすすめコースを徹底解説【必ず見つかる】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました