テックブーストで学べる言語ってなに?【平均年収も公開】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語ってなに?いくら稼げる?

こんな悩みを解決します。

tech boost(テックブースト)で学べる言語を詳しく知りたいあなた。真剣にプログラミングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。

プログラミングはこれからの時代に必須のスキルです。そんな価値のあるスキルを自分の意志で学ぼうとしているなんてステキですね。

だから、実際にtech boost(テックブースト)を受講する前に、tech boost(テックブースト)で学べる言語を確認してから受講したいですよね。

この記事では、あなたに

  • tech boost(テックブースト)で学べる言語の種類
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「PHP」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「Ruby」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「Python」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語のエンジニアの平均年収

について解説します。

この記事を読めば

tech boost(テックブースト)で学べる言語の特徴と年収

がよく分かります。

結論から先に話すと

  • tech boost(テックブースト)で学べる言語はPHP、Ruby、Python
  • 平均年収はPythonが1番高いが、どの言語もフリーランスになれば稼げる

です。

どの言語を学ぶか迷っている方は、ぜひ、最後までご覧ください。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

早い者勝ち!無料説明会に参加したい方はこちら↓

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で学べる言語の種類

tech boost(テックブースト)
tech boost(テックブースト)公式サイトより

はじめに、tech boost(テックブースト)について簡単に解説します。

tech boost(テックブースト)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 目的に合わせて選べる学習コース
  • 挫折させない学習サポート体制
  • それぞれに合わせた転職・就職サポート

そんなtech boost(テックブースト)で学べる言語は、3種類あります。具体的には次のとおり。

  • PHP
  • Ruby
  • Python

各言語が学べるコースは、次のとおりです。

言語学べるコース
PHPスタンダードコース
ブーストコース
Rubyスタンダードコース
ブーストコース
PythonAIコース

ざっくり言うと、ブーストコースはスタンダードコースの上位版で、AIコースはそれら2つとは全く別のコースです。

学ぶ内容コース
Webアプリ開発スタンダードコース
ブーストコース
人工知能AIコース

各コースの料金は、tech boost(テックブースト)の料金・割引|お得な情報まとめをご覧ください。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で学べる言語「PHP」の特徴

PHP
Wikipediaより

tech boost(テックブースト)で学べる言語の1つ目は、PHPです。

PHPの特徴は次の3つです。

  • Webサービスの開発に多用されている
  • 「WordPress」の構築に不可欠
  • 案件数が安定して多い

それぞれ解説していきます。

Webサービスの開発に多用されている

PHPは”Personal Home Page Tools”というツールを起源とし、その名のとおり動的なWebページを作成する目的で開発されました。

今ではWebサイトやWebアプリなど、Webサービスの開発に特化した言語として使われています。

PHPが使われている有名なWebサービスとしては

  • Facebook
  • ぐるなび
  • Wikipedia

などがあります。

「WordPress」の構築に不可欠

WordPressとは、世界で最も人気があるオープンソースのブログソフトウェアです。

オープンソースなので誰でも自由に使うことができます。

WordPressは日本でも多くの個人が使用しており、個人以外にも企業や公的機関も使用しています。簡単に見栄えの良いWebサイトを作成できるのが人気の理由です。

いのうえ
いのうえ

このブログもWordPressを使って運営しています。

案件数が安定して多い

PHPは長年Web業界で使われている言語であり、案件数が安定しています。

さきほど解説した大人気のWordPressがPHPで開発されていることから、特にWordPressの構築案件は非常に多くあります。

また、Webサービス開発でもPHPは第一線で使われている言語なので、PHPが使えるとWeb業界で仕事に困ることはありませんよ。

「フレームワーク」というお手軽にWebサービス開発ができる技術が一緒に使われることも多いです。

Rubyは東京に案件が集中しがちですが、PHPは地方でも案件数が多いのもメリットですね。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で学べる言語「Ruby」の特徴

Ruby
Wikipediaより

tech boost(テックブースト)で学べる言語の2つ目は、Rubyです。

Rubyの特徴は次の3つです。

  • 日本生まれの言語なので、日本語での情報が豊富
  • フレームワークがほぼ固定されている
  • 比較的案件単価が高い

それぞれ解説していきます。

日本生まれの言語なので、日本語での情報が豊富

Rubyはまつもとゆきひろ(通称:Matz)さんが公開した、日本生まれのプログラミング言語です。

そのため、日本語で書かれている情報が豊富であり、日本人にとっては非常に好都合ですよね。

実は、プログラミングの情報収集するときに日本語の情報だけでは足りないこともあり、その場合は海外のサイトなどを見る必要があります。

いのうえ
いのうえ

プログラミングでエラーが発生したときは、解決するために海外のサイトで解決策を探ることもあります。

プログラミング初心者にとっては、ていねいに日本語で解説してある情報源が多いと助かりますよね。

フレームワークがほぼ固定されている

さきほど述べたフレームワークは、開発の現場で頻繁に使われています。

フレームワークの人気は移り変わりが激しいので、習得したフレームワークの人気が落ちると案件が減るなんてこともあります。

言語主なフレームワーク
PHPLaravel
CakePHP
Symfony
PythonDjango
Flask

しかし、Rubyのフレームワークは「Ruby on Rails」にほぼ固定されているので

RubyのエンジニアになるならRuby on Railsを学べば間違いない

と言えます。

比較的案件単価が高い

詳しくは後述しますが、Rubyのフリーランス案件は比較的単価が高いです。

エンジニアをやる理由は様々あると想いますが、せっかく働くなら稼ぎたいですよね?

RubyはPHPと比べてエンジニアの平均年収が高い傾向にあります。Webアプリ開発で稼ぐならRubyかもしれません。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で学べる言語「Python」の特徴

Python
Wikipediaより

tech boost(テックブースト)で学べる言語の3つ目は、Pythonです。

Pythonの特徴は次の3つです。

  • 書きやすく、読みやすい
  • ライブラリが豊富
  • 2021年現在、最も人気がある

それぞれ解説していきます。

書きやすく、読みやすい

Pythonは

  • 使う文字数が少ない
  • 記号を使うことが少ない

という理由から、書きやすいです。

また、インデントと呼ばれる「字下げ」を行いコードの先頭を統一するので、読みやすいです。

インデントはPython独自のルールで、他の言語には無いルールです。

いのうえ
いのうえ

Pythonはプログラミング初心者に優しい言語です。

ライブラリが豊富

Pythonは学術分野でも使われることが多いので、ライブラリが豊富です。次のようなものがあります。

  • 数値計算・統計処理
  • 画像処理・音声処理
  • 自然言語処理

ライブラリを使うことで、効率良く開発ができます。

tech boost(テックブースト)でも基礎理論を学んだ後、ライブラリを使って画像処理を実践できますよ。

2021年現在、最も人気がある

プログラミング言語の人気は日々変動しており、人気が上がる言語もあれば下がる言語もあります。

そんな中2021年現在、Pythonは最も人気があるプログラミング言語です。さらに、2019年から3年連続1位です。

Pythonの人気は人工知能ブームが後押しほか、すでに述べた書きやすさや読みやすさも人気の理由です。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で学べる言語のエンジニアの平均年収

少し古いですが2017年のデータでは、言語別のエンジニアの平均年収トップ10は次のとおりです。

PHP、Ruby、Pythonを抜き出して比較します。

言語エンジニアの平均年収
Python601万円
Ruby562万円
PHP522万円

このようにPythonが最も平均年収が高く、PHPと約80万円差があることが分かります。

とは言え、サラリーマンの平均年収は432万円と言われているので、どの言語のエンジニアも平均的なサラリーマンよりは稼げますね。

ですが、「思ったより稼げないな。プログラミングは稼げるって嘘なの?」と思いませんでしたか?

実は、さきほどの平均年収はサラリーマンとフリーランスを合わせた平均年収です。フリーランスだけを見ると

このように、どの言語でも月額単価が65万円を超えています。平均年収を計算すると次のとおり。

言語フリーランスエンジニアの平均年収
PHP787.2万円
Ruby879.6万円
Python868,8万円

普通に高収入ですよね。さらに、80万円を超える案件も多いので、年収1,000万円を目指すことも可能です。

結論としては

エンジニアで稼ぎたいならフリーランスになろう

ということになります。

フリーランスになるためには実務経験が必要です。

つまり、まずはtech boost(テックブースト)でしっかりプログラミングを学ぶことが、フリーランスへの第一歩ですね。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)の受講を迷っている方へ

ここまで

  • tech boost(テックブースト)で学べる言語の種類
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「PHP」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「Ruby」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語「Python」の特徴
  • tech boost(テックブースト)で学べる言語のエンジニアの平均年収

について解説してきました。

結論は

  • tech boost(テックブースト)で学べる言語はPHP、Ruby、Python
  • 平均年収はPythonが1番高いが、どの言語もフリーランスになれば稼げる

です。

tech boost(テックブースト)で学べるどの言語も、本気で学べば稼ぐことは可能です。

最後に、tech boost(テックブースト)の受講を迷っているあなたに大事なことをお伝えします。

行動するのが早ければ、プログラミングのスキルが身につくのも早い

ということです。不安で決断に時間をかけたい気持ちは痛いほど分かりますが、迷っている時間がもったいないです。

tech boost(テックブースト)には、無料説明会があります。無料説明会に参加してから、もし「自分に合わない」と思ったら、やめれば良いだけです。

無料なのでリスクはゼロです。迷って時間を無駄にせず、思い切って参加するべきです。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

補足:tech boost(テックブースト)は値上げする可能性あり

tech boost(テックブースト)を受講するなら、絶対に「今すぐ」がベストです。

なぜなら、昨今のプログラミングブームにより、プログラミングスクールは値上げが続いており、tech boost(テックブースト)も

オンライン受講:134,800円(税込) → 224,840円(税込)

と値上げしているからです。今後、さらに値上げする可能性も十分にあります。

後から値上げした料金を払うより、今決断をして行動するほうが賢明な判断ですよね。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

以上、『テックブーストで学べる言語ってなに?【平均年収も公開】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました