tech boost(テックブースト)は返金保証あり!【条件を詳しく解説】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • tech boost(テックブースト)は返金保証があるの?あるなら条件は?

こんな悩みを解決します。

tech boost(テックブースト)の返金保証を詳しく知りたいあなた。真剣にプログラミングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。

プログラミングはこれからの時代に必須のスキルです。そんな価値のあるスキルを自分の意志で学ぼうとしているとはステキですね。

だから、実際にtech boost(テックブースト)を受講する前に、返金保証の内容を確認してから受講したいですよね。

この記事では、あなたに

  • tech boost(テックブースト)の返金保証について
  • tech boost(テックブースト)で返金されない料金

について解説します。

この記事を読めば

tech boost(テックブースト)の返金保証の詳細

がよく分かります。

結論から先に話すと

tech boost(テックブースト)には返金保証がある

  • クーリング・オフ制度による全額返金
  • クーリング・オフ期間後の一部返金

です。

tech boost(テックブースト)の料金は安くないので、万が一のことがあった場合、返金保証を受けたいですよね。詳しく解説しているので、ぜひ、最後までご覧ください。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

早い者勝ち!無料説明会に参加したい方はこちら↓

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)の返金保証について

tech boost(テックブースト)
tech boost(テックブースト)公式サイトより

はじめに、tech boost(テックブースト)について簡単に解説します。

tech boost(テックブースト)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 目的に合わせて選べる学習コース
  • 挫折させない学習サポート体制
  • それぞれに合わせた転職・就職サポート

そんなtech boost(テックブースト)には返金保証があります。次のとおりです。

  • クーリング・オフ制度による全額返金
  • クーリング・オフ期間後の一部返金

それぞれ解説していきます。

tech boost(テックブースト)の返金保証① クーリング・オフ制度による全額返金

tech boost(テックブースト)では、8日間であればクーリング・オフ制度により全額返金されます。

第 12 条(クーリング・オフ)

申込者は、法律に基づき、法定の契約書面を受領した日から起算して 8 日を経過するまでの間、書面によりクーリング・オフを行うことができます。

第 16 条(返金等)

1. 申込者がクーリング・オフを行った場合、当社は、受領済みの利用料金の全額を返金します。

tech boost(テックブースト)公式サイトより

tech boost(テックブースト)の料金については、tech boost(テックブースト)の料金・割引|お得な情報まとめをご覧ください。

また、返金申請する理由も不問で、必ず全額返金されます。

  • プログラミングが自分に合わない気がする…
  • エンジニアよりも就きたい職業が見つかった
  • 病気や事故で受講を続けるのが困難になった

つまり、このような理由でもtech boost(テックブースト)の受講を中断して、返金を受けることができます。

いのうえ
いのうえ

返金を一切受け付けていないプログラミングスクールも多いので、素晴らしいです。

実際、プログラミングは本気で学んでみて適性があるか分かったりします。

プログラミングはかなり地味な作業です。一日中にパソコンに貼り付いてコーディングをすることもあるので、大変です。

8日間で適性に気づくことは難しいので、tech boost(テックブースト)を受講する前にプログラミングを少しでも学んでおくとギャップを感じずに済むでしょう。

tech boost(テックブースト)の返金保証② クーリング・オフ期間後の一部返金

tech boost(テックブースト)では、クーリング・オフ期間の8日間を過ぎても退会をすれば一部返金されます。

第 16 条(返金等)

2. 申込者が基本期間内に退会となる場合、当社は、以下の定めに従い、利用料金及び解約料の請求を行うものとします。ただし、当社が以下に定める利用料及び解約料の合計額を超過して利用料金等を受領していた場合、当該超過分の利用料金等について申込者に返金します。

(1) 本サービスの受講開始前
  1 万 5 千円(契約締結及び履行に係る事務手数料)
(2) 本サービスの提供開始後
  下記の①と②を合計した額
  ① 退会日までに提供された本サービスの対価に相当する額
    ■入学金
■基本月額料金(受講月数分)
   ■メンタリング(使用回数分)
   ■教室利用料(受講月数分)
   ■オプション(オプション追加の場合)
  ② 5 万円又は当初の基本期間に基づく退会日以降の未提供受講料の 20 %のいずれか低い額
※未提供受講料とは、本契約の総額から①を引いた金額を指します。

tech boost(テックブースト)公式サイトより

多くのことが書いてありますが、まとめると

受講していない分の料金が多少差し引かれて返金される

ということです。

補足:退会は1ヶ月前までに申請する必要がある

返金されるためには、まずはtech boost(テックブースト)を退会しないといけません。

さらに、退会はクーリング・オフ期間の8日間の後に、必ず1ヶ月前までに申請する必要があります。

第 13 条(申込者の退会)

1. クーリング・オフ期間経過後、申込者は、当社が定める方法によりサービス利用契約の解約及び利用登録の抹消(以下「退会」といいます。)を行うことができます。
2. 申込者が退会する際は、退会希望日(第 7 条第 3 項に定める計算期間の末日に限ります。)の 1 ヶ月前までに当社が指定する方法で申し出なければなりません。

tech boost(テックブースト)公式サイトより

つまり

  • クーリング・オフ申請をしても、すぐに全額返金されることはない
  • クーリング・オフ期間後に退会したい場合は、なるべく早く退会申請するべき

ということです。

いのうえ
いのうえ

退会申請しても実際に退会できるのは1ヶ月後なので、早く行動したほうが返金される金額が大きくなります。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)で返金されない料金

tech boost(テックブースト)では、いかなる理由があっても返金されない料金もあります。次のとおりです。

  • オプション料金
  • 教室利用料

それぞれ解説していきます。

オプション料金

オプションとは、tech boost(テックブースト)での学習をさらに深めるために用意されている追加サービスです。

オプション名料金(税込)
メインカリキュラム追加(教材費)87,560円
コース変更(スタンダードコースからブーストコースへの変更)110,000円
サブカリキュラム(教材費)43,780円
メンタリングチケット(1 回分)9,900円

これらのオプションは返金されることはありません。

第 5 条(オプションの利用)

3. 当社は、本条で定めるオプション料金について有効期間または契約期間の満了日以降は、如何なる理由を問わず、既に支払われたオプション料金については返金しないものとし、申込者は予めこれに同意するものとします。

tech boost(テックブースト)公式サイトより

オプションは受講生が自発的に追加するものなので、返金を求めるのは無理がありますし、しょうがないですね。

ただし、tech boost(テックブースト)を受講してみて気が変わったとき、コース変更のオプションを追加したくなるかもしれません。

お金を払ってコース変更もできますが、コース選びに失敗しないためには無料説明会にて詳しい話を聞いたり、質問をすることが大切です。

教室利用料

tech boost(テックブースト)には、東京の渋谷に1校だけ教室があります。

完全オンライン受講も可能ですが、特に東京に在住の方の中には教室に通いたい方もいるでしょう。

ただし、教室利用料はたとえ教室が使えない状態(休校)になっても返金されることはありません。

第 10 条(通学)

5. サービス利用契約期間中に、休校が実施された場合であっても、サービス利用契約の期間の延長、利用料金の返金は行わないものとします。

tech boost(テックブースト)公式サイトより

現在でも、新型コロナウイルス感染拡大の影響でtech boost(テックブースト)の教室は営業時間を短縮しています。

万が一、さらにコロナの状況が悪くなって教室が使えなくなっても、返金はされません。

いのうえ
いのうえ

営業時間短縮ならまだしも、休校でも返金しないのはちょっと不親切な気もします。

ですが、tech boost(テックブースト)では、オンラインサポートにて教室で質問するときと変わらないクオリティで質問ができます。

現役エンジニアのメンターが熱心にあなたの疑問を解決してくれるので、心配はありません。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

tech boost(テックブースト)の受講を迷っている方へ

ここまで

  • tech boost(テックブースト)の返金保証について
  • tech boost(テックブースト)で返金されない料金

について解説してきました。

結論は

tech boost(テックブースト)には返金保証がある

  • クーリング・オフ制度による全額返金
  • クーリング・オフ期間後の一部返金

です。

tech boost(テックブースト)は受講期間であれば返金されるので、良心的なスクールでしょう。

最後に、tech boost(テックブースト)の受講を迷っているあなたに大事なことをお伝えします。

行動するのが早ければ、プログラミングのスキルが身につくのも早い

ということです。不安で決断に時間をかけたい気持ちは痛いほど分かりますが、迷っている時間がもったいないです。

tech boost(テックブースト)には、無料説明会があります。無料説明会に参加してから、もし「自分に合わない」と思ったら、やめれば良いだけです。

無料なのでリスクはゼロです。迷って時間を無駄にせず、思い切って参加するべきです。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

補足:tech boost(テックブースト)は値上げする可能性あり

tech boost(テックブースト)を受講するなら、絶対に「今すぐ」がベストです。

なぜなら、昨今のプログラミングブームにより、プログラミングスクールは値上げが続いており、tech boost(テックブースト)も

オンライン受講:134,800円(税込) → 224,840円(税込)

と値上げしているからです。今後、さらに値上げする可能性も十分にあります。

後から値上げした料金を払うより、今決断をして行動するほうが賢明な判断ですよね。

今なら料金が1万円割引!
※無料説明会だけならお金は一切かかりません
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

以上、『tech boost(テックブースト)は返金保証あり!【条件を詳しく解説】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました