CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れるの?【回答あり】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れるの?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れない
  • CodeCamp(コードキャンプ)以外の給付金を受け取れるプログラミングスクール

この記事を書く私は、現役エンジニアでプログラミングスクール受講経験があります。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れるか詳しく知りたいあなた。真剣にプログラミングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。

プログラミングはこれからの時代に必須のスキルです。そんな価値のあるスキルを自分の意志で学ぼうとしているなんてステキですね。

今回は、CodeCamp(コードキャンプ)では給付金を受け取れないことや、給付金を受け取れるプログラミングスクールついて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

早い者勝ち!無料カウンセリングを受けたい方はこちら↓

今なら料金が1万円割引!
※無料カウンセリングだけならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるかわからないのでお早めに

CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れません

はじめに、CodeCamp(コードキャンプ)について簡単に解説します。

CodeCamp(コードキャンプ)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 満足度94.6%の手厚いマンツーマン指導
  • 自分の学習スタイルに合わせて講師が選べる
  • 時間と場所を選ばずどこからでも学習できる

そんなCodeCamp(コードキャンプ)は、残念ながら給付金を受け取れません。

給付金制度は最大56万円キャッシュバックになるので、実質の料金を大幅に下げることができます。

後述しますが、CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取ることができる条件をまだ満たしてない状況です。

質の低いプログラミングスクールというわけではありません。

また、CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いができるので、料金を高く感じる方は利用してみてください。

補足:そもそも給付金とは?

「CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れない」と言っても、そもそも給付金が何かわからない方もいらっしゃると思います。

そんな方に向けて、給付金について解説しておきます。

プログラミングスクールで支給される「給付金」は、正式には「専門実践教育訓練給付金」と言います。

いのうえ
いのうえ

ざっくり言うと「専門的なスキルを身につけたい人のために、政府から出る支援金」みたいなものです。

給付金を受け取れるプログラミングスクールは政府が認定しています。

条件は次のとおり。

  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座

これらを満たすプログラミングスクールだけが給付金を受け取れます。

つまり、CodeCamp(コードキャンプ)はこれら2つの条件を満たしていないということです。

また、個人が給付金を受給するための条件は次のとおりです。

初めて受給する場合2年以上会社に勤めている / 会社勤めまたは離職1年以内
2回目以降の受給の場合3年以上会社に勤めている / 会社勤めでも離職中でもOK

受給条件は他にも細かい条件があるので、詳しいことは近所のハローワークで相談しましょう。

今なら料金が1万円割引!
※無料カウンセリングだけならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるかわからないのでお早めに

CodeCamp(コードキャンプ)以外の給付金を受け取れるプログラミングスクール

CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れないことを理解していただいた上で

「給付金を受け取れるプログラミングスクールはどこ?」

こんな疑問が生じると思います。

そこで、給付金を受け取れるプログラミングスクールを3つ厳選しました。

それぞれ解説していきます。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • プログラミングスクール業界で受講者数No.1
  • メンターは通過率10%の選考を通過した現役エンジニア
  • すべてオンラインで受講できる

そんなTechAcademy(テックアカデミー)では、次のコースで給付金を受け取れます。

  • AIコース(8、12、16週間プラン)
  • データサイエンスコース(8、12、16週間プラン)
  • Python+AIセット(8、12、16、24週間プラン)
  • Python+データサイエンスセット(8、12、16、24週間プラン)
  • Python+AI+データサイエンスセット
  • エンジニア転職保証コース

TechAcademy(テックアカデミー)は非常に多くのコースがあるので、これだけの数のコースで給付金を受け取れます。

いのうえ
いのうえ

「プログラミング初心者向けのプログラミング言語は全て学べる」と言っても過言ではないくらいコースが豊富です。

ちなみに、エンジニア転職保証コースを受講して給付金を受け取ると

実質料金:437,800円(税込) → 131,340円(税込)

まで減額されます。

また、TechAcademy(テックアカデミー)は無料体験や無料カウンセリングを実施しているので、気になる方は受けてみてください。

DMM WEBキャンプ

DMM WEBキャンプは、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 未経験者のエンジニア転職を強くサポートしている
  • 受講生の97%がプログラミング未経験でありながら、転職成功率98%
  • 離職率もわずか1%で、優良企業へ転職できている

そんなDMM WEBキャンプでは、次のコースで給付金を受け取れます。

  • DMM WEBキャンプ COMMIT 専門技術コース

DMM WEBキャンプ COMMITとは、フルタイムでプログラミングを学びエンジニア転職を目指します。

特に専門技術コースは、AIやクラウドを追加で学ぶことができるコースです。

いのうえ
いのうえ

DMM WEBキャンプ COMMITには短期集中コースというコースもありますが、AIなどを学べない上に給付金も受け取れないので、おすすめはしません。

ちなみに、DMM WEBキャンプ COMMIT 専門技術コースを受講して給付金を受け取ると

実質料金:910,800円(税込) → 350,800円(税込)

まで減額されます。

また、DMM WEBキャンプは無料カウンセリングを実施しているので、気になる方は受けてみてください。

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODEは、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 少人数教育だから達成できる手厚いサポート
  • 入学時の年齢制限なし
  • 卒業後も教材の閲覧や質問、教室の利用が可能

そんなDIVE INTO CODEでは、次のコースで給付金を受け取れます。

  • Webエンジニアコース就職達成プログラム(フルタイム受講)

Webエンジニアコース就職達成プログラムは、働きながら学べるパートタイム受講もあります。

ですが、給付金を受け取れるのはフルタイム受講のみです。

いのうえ
いのうえ

フルタイムもパートタイムも受講できる人数は制限されています。

ちなみに、Webエンジニアコース就職達成プログラム(フルタイム受講)を受講して給付金を受け取ると

実質料金:647,800円(税込) → 197,800円(税込)

まで減額されます。

また、DIVE INTO CODEは無料説明会を実施しているので、気になる方は参加してみてください。

CodeCamp(コードキャンプ)の受講を迷っている方へ

今回は、CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れないことや、給付金を受け取れるプログラミングスクールについて解説しました。

この記事の要約
  • CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れない
    1. 給付金を受け取れるプログラミングスクールは政府が認定している
    2. 認定されるためには条件があり、CodeCamp(コードキャンプ)は条件を満たしていない
    3. 料金を高く感じるなら、分割払いもあり
  • CodeCamp(コードキャンプ)以外の給付金を受け取れるプログラミングスクール
    1. TechAcademy(テックアカデミー)
    2. DMM WEBキャンプ
    3. DIVE INTO CODE

給付金を受け取ると実質料金が大幅に下がるので、狙い目です。

しかし、CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れないので、受け取りたい方は

の中から検討してみてください。

最後に、CodeCamp(コードキャンプ)の受講を迷っているあなたに大事なことをお伝えします。

行動するのが早ければ、プログラミングのスキルが身につくのも早い

ということです。

不安で決断に時間をかけたい気持ちは痛いほど分かりますが、迷っている時間がもったいないです。

CodeCamp(コードキャンプ)には、無料カウンセリングがあります。無料カウンセリングを受けてから、もし「自分に合わない」と思ったら、やめれば良いだけです。

無料なのでリスクはゼロです。迷って時間を無駄にせず、思い切って受けるべきです。

今なら料金が1万円割引!
※無料カウンセリングだけならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるかわからないのでお早めに

補足:CodeCamp(コードキャンプ)は値上げする可能性あり

残念ですが、CodeCamp(コードキャンプ)の値上げし続けています。

Webマスターコース:178,000円(税込) → 198,000円(税込)

なぜなら、昨今のプログラミングブームにより、エンジニアになりたい人が増えたからです。

今後さらに値上げする可能性も十分にあります。

ですが、無料カウンセリングを受ければ料金が1万円割引になるので、受けない手はありません。スクール選びに失敗しないためにも受けるべきですね。

無料カウンセリングの申し込みは30秒で完了するので、サクッと申し込んでおきましょう。

今なら料金が1万円割引!
※無料カウンセリングだけならお金は一切かかりません
※無料カウンセリングはいつ終わるかわからないのでお早めに

以上、『CodeCamp(コードキャンプ)は給付金を受け取れるの?【回答あり】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました