統計検定2級に数弱が17日で合格した勉強法【でも一回は落ちた】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • 統計検定2級に短期で合格するには?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • 統計検定2級とは
  • 統計検定2級に合格した勉強時間
  • 統計検定2級に合格した勉強法
  • 統計検定2級合格とデータ分析スキルは別物
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、17日間の勉強で統計検定2級に合格しました。でも、一度落ちました。

統計検定2級合格
ギリギリですが合格しました

最近盛り上げっている、機械学習やデータ分析などの基礎知識となる統計学。

体系的に学んだり履歴書に書くために、資格取得を目指される方も多いのではないでしょうか。

今回は、統計検定2級に合格した、勉強時間や勉強法について解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

この記事は、短期で合格を目指すための記事です。万全の準備をして、満点近く取りたい方にはおすすめしません。

統計検定2級とは

はじめに、統計検定2級について簡単に解説します。

統計検定とは、一般財団法人統計質保証推進協会・一般財団法人日本統計学会が主催する試験です。

試験は10種類あります。

  • 統計検定 1級、準1級、2級、3級、4級
  • 統計検定 統計調査士、専門統計調査士
  • 統計検定 データサイエンス基礎・発展・エキスパート

ざっくりいうと、統計検定2級は中堅レベルみたいな位置づけです。

とは言え、大学の基礎課程レベルはあるので、本当に初学の方は3級から始めたほうが良いかもしれません。

いのうえ
いのうえ

私は3級は飛ばしました。多少統計を学んだことがあったので。

また、統計検定2級の難易度は、しっかり基本から勉強をすれば十分合格できるレベルのようです。

合格最低点は60/100(6割)です。

統計検定2級に合格した勉強時間

記事タイトルにも書きましたが、私は17日で統計検定2級に合格しました。

受験に至る日程は次のとおりです。

2022/4/20勉強開始
2022/4/21試験申し込み
2022/4/30試験に不合格
2022/5/7試験に合格

この17日間の勉強時間は40時間くらいです。

私のスペックは

  • ただの理系大学生
  • 単位を落とした授業はすべて数学
  • 確率統計の単位も落としている

このように、いわゆる数弱で、統計は少し勉強したことがあるくらいでした。

ですが、CBT形式で何度も受験できるので、短期で合格を目指してみました。

いのうえ
いのうえ

結果は、ギリギリ合格でしたが。短期なので集中力を持って勉強できましたよ!

CBTとは、全国各地にある試験会場でパソコン画面を見ながら受験する試験です。

統計検定2級に合格した勉強法

続いて、17日で統計検定2級に合格するためにやった勉強法を、具体的に紹介します。

やり方はいたってシンプルです。

  1. とけたろう(統計学ブロガー&YouTuber)で基本を学ぶ
  2. 過去問(2011〜2015年)を周回する

これだけです。

公式本として、統計検定2級対応 統計学基礎もありますが、本で学ぶのは好きではないので使いませんでした。

とけたろう(統計学ブロガー&YouTuber)で基本を学ぶ

とけたろう
とけたろうさんのアイコン

とけたろうさんとは、京大卒で統計学についてブログYouTubeで発信されている方です。

非常に効率よく統計検定2級の内容が学べるコンテンツになっています。

初めに、チートシートという出題範囲をコンパクトにまとめた物をざっと見て、大まかな全体像をつかみました。

いのうえ
いのうえ

知らない知識ばかりでしたが、逆にこれだけを覚えれば合格できそうだなと思いました。

そして、とけたろうさんのYouTubeの再生リストを最初から見て、学習を進めていきました。

再生リストは、全20本の動画構成で、統計検定2級に合格するための内容がすべて詰まっています。

ブログにも各動画に対応した内容の記事があるので、テキストベースで理解を深めつつ、演習問題にも取り組みました。

ですが、最終的には演習問題を完璧にできなくても合格はできました。

いのうえ
いのうえ

動画を見て問題まで解ければ、合格できる学力は十分につきます!

過去問(2011〜2015年)を周回する

かつて、統計検定2級には

  • PBT:紙の試験(年2回のみ)
  • CBT:パソコンで受ける試験

の2種類がありました。

しかし、現在はCBT形式のみになっています。

実は、CBTの問題は、2011〜2015年の過去問と似たような問題が出題されやすいです。

守秘義務があるので、問題の詳細までは教えることはできません。傾向があることだけお伝えします。

初めは直近の過去問で対策しようとしてましたが、上記のことを知り、2011〜2015年の過去問だけに絞って対策しました。

2冊で3,000円ちょっとです。

過去問対策がポイントなので、必ず購入してください。

私の場合、1周だけサラッと解いて受験したところ、次のように不合格になりました。

統計検定2級不合格
ギリギリ落ちました
いのうえ
いのうえ

おそらく1問か2問ミスでダメでした。

再受験を見据え、もう1周過去問に取り組みながら、理解を深めることを心がけて勉強しました。

そして、1週間後、再チャレンジして合格できました。

統計検定2級合格
ギリギリ受かりました

試験本番では、20分くらい余って一旦解き終わり、分からずに飛ばしたところに戻って解く感じでした。

いのうえ
いのうえ

合格はできたものの、まだまだ理解が足りないところだらけです。精進します。

統計検定2級合格とデータ分析スキルは別物

最後に身も蓋もない話をさせてください。

統計検定2級に合格しても、データ分析ができるようにはなりません。

理由はただ1つ。

  • Pythonのコードが書けない

に尽きます。

いのうえ
いのうえ

統計学の知識は必要ですが、それだけじゃ無理ですよね。私もデータ分析できるようになったとは思いません。

統計の知識があるのとコードが書けるのは別問題です。

知識があった上で、道具を使いこなす必要がありますよね。

つまり、実際に手を動かしながらデータ分析の訓練をする必要があります。

例えば、テックアカデミーのデータサイエンスコースなどで、講師から指導を受けながら学ぶのがベストでしょう。

テックアカデミーはオンラインに特化した受講者数No.1のプログラミングスクールです。

私は他のコースを受講した経験がありますが、講師の現役エンジニア優秀な方ばかりでした。

いのうえ
いのうえ

質の高い学習ができたので、テックアカデミーは自信を持っておすすめできます!

まとめ:統計検定2級は知識の証明にはなります

今回は、統計検定2級に合格した、勉強時間や勉強法について解説しました。

この記事の要約
  • 統計検定2級とは
    1. 一般財団法人統計質保証推進協会・一般財団法人日本統計学会が主催する試験
    2. 中堅レベルみたいな位置づけ
  • 統計検定2級に合格した勉強時間
    1. 17日間の勉強時間は40時間くらい
  • 統計検定2級に合格した勉強法
    1. とけたろう(統計学ブロガー&YouTuber)で基本を学ぶ
    2. 過去問(2011〜2015年)を周回する
  • 統計検定2級合格とデータ分析スキルは別物
    1. Pythonのコードが書けない
    2. テックアカデミーなどのプログラミングスクールを利用するのもあり

統計検定2級に合格するだけでは、データ分析をできるようにはなりません。

ですが、大学の基本的な統計学を網羅的に学ぶのには最適な資格です。

試験に合格するための勉強や、合格した後の達成感を通して、統計学を学ぶモチベーションも上がります。

いのうえ
いのうえ

ぜひ、この記事で紹介した勉強法を参考にして、合格を掴み取ってください!

Pythonでのデータ分析までやってみたい方は、テックアカデミーのデータサイエンスコースを積極的に受講してみてください。

以上、『統計検定2級に数弱が17日で合格した勉強法【でも一回は落ちた】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました