PR

RaiseTechは難しいです!だからこそ挑戦する価値あり

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • RaiseTech(レイズテック)って難しいの?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • RaiseTech(レイズテック)が難しい理由
  • RaiseTech(レイズテック)は難しいからこそ受講する意味がある
  • できるだけRaiseTech(レイズテック)を難しいと感じないために

この記事を書く私は、現役エンジニアでプログラミングスクール受講経験があります。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

RaiseTech(レイズテック)が難しいか、詳しく知りたいあなた。

真剣にプログラミングを学ぼうと考えているのではないでしょうか。

プログラミングはこれからの時代に必須のスキルです。

そんな価値のあるスキルを自分の意志で学ぼうとしているとはステキですね。

今回は、RaiseTech(レイズテック)が難しい理由や、受講する意味ついて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

早い者勝ち!無料説明会に参加したい方はこちら↓

月単価80万円以上の現役エンジニアが直接指導
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金10%オフの特典付き!
※公式サイトに移動します
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

RaiseTech(レイズテック)が難しい理由

RaiseTech(レイズテック)
RaiseTech(レイズテック)

はじめに、RaiseTech(レイズテック)について簡単に解説します。

RaiseTech(レイズテック)は、次のような特徴があるプログラミングスクールです。

  • 現場で求められるさまざまな技術・知識・考え方を教える
  • 講師は月単価80万円以上の現役エンジニア
  • 半永久的なサポート体制で、稼げるようになるまでサポート

そんなRaiseTech(レイズテック)は、はっきり言って難しいです。

いのうえ
いのうえ

私はなんとか受講期間内に卒業できましたが、期間中はプログラミング漬けでした(笑)

難しい理由は、次のとおり。

  1. そもそもプログラミングが難しい
  2. 実践的な課題をクリアしないといけない
  3. 一人で学習を継続する必要がある(人による)

それぞれ順番に解説していきます。

そもそもプログラミングが難しい

プログラミングは勉強が得意な人でも挫折することがあります。

実は、プログラミングは挫折率が約90%と言われるほど習得が困難なんですよね。
≫ RaiseTechで挫折しないためにやるべきこと3選

プログラミング学習での挫折
プログラミング学習での挫折

「プログラミングを習得した」と言えるレベルは明確ではありませんが、上記のように途中で多くの人がやめてしまいます。

いのうえ
いのうえ

私自身、ある程度プログラミングはできるようになりましたが、まだまだです。

知識0から独学でプログラミング学習を始めた私が感じる、挫折ポイントは次の3つです。

  • 周りに質問できる人がいない
  • プログラミングの知識が膨大
  • 何から始めたらいいか分からない

特に、1つ目の質問できない環境であることが、初心者にとってプログラミングを挫折しやすくしています。

プログラミングというのは勉強とは全く異質なものなので、とにかく「とっつきにくい」んですよね。

なので、質問できる環境であることが最も重要です。

RaiseTech(レイズテック)は、講師がチャットで質問に回答してくれます。

実践的な課題をクリアしないといけない

RaiseTech(レイズテック)は授業動画を見て自学しながら、プログラミングスキルを身につけていきます。

授業動画は、さまざまなな生活スタイルの受講生に対応できるよう

  • リアルタイム
  • 録画

があり、都合に合わせて使い分けできます。

そして、各章の最後に課題に取り組み、クリアできたら次に進めるシステム。

この課題は、初めのうちは比較的易しいのですが、終盤に近づくにつれ骨のある課題ばかりになります。

いのうえ
いのうえ

学ぶ内容も複雑になってくるので、課題も難しくなるイメージです。

ですので、プログラミングに没頭して学習できる意気込みがない方は、やめておいたほうが良いかもしれません。

とは言え、課題を提出するとメンターが評価をしてくれて、モチベーションも上がりますよ!

RaiseTech(レイズテック)の在籍メンター
RaiseTech(レイズテック)の在籍メンター

RaiseTech(レイズテック)のメンターは、月単価80万円以上の現役エンジニアのみです。

一人で学習を継続する必要がある(人による)

すでに解説したように、RaiseTech(レイズテック)は授業動画を見ながら自学する、オンライン受講形式です。

自宅やカフェなど、どこでも学習ができるのがメリット。

一方で、必然的にプログラミングの学習は一人で行うことになります。

いのうえ
いのうえ

私は一人で学習することは苦ではありませんでしたが、苦痛に感じる方もいるかもしれません。

解決策としては、TwitterなどのSNSで受講生を見つけてフォローすることです。

毎日の学習記録をつけている方もいらっしゃるので、受講生同士で交流したり、卒業生を見つけて見ましょう。

#駆け出しエンジニアと繋がりたい」「#プログラミング初心者」のようなハッシュタグを使い、交流できる人を探してみましょう。

いのうえ
いのうえ

多くの人が本気でプログラミングを学んでいますよ。

月単価80万円以上の現役エンジニアが直接指導
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金10%オフの特典付き!
※公式サイトに移動します
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

RaiseTech(レイズテック)は難しいからこそ受講する意味がある

RaiseTech(レイズテック)は難しいからこそ受講する意味がある
RaiseTech(レイズテック)は難しいからこそ受講する意味がある

ここまで、なぜRaiseTech(レイズテック)は難しいのか解説しました。

では、もしRaiseTech(レイズテック)が簡単だったら、受講したいと思いますか?

正直、「No」ですよね。

内容が簡単なら本で学習したほうが安上がり

RaiseTech(レイズテック)は、最低でも約34万円かかります。

コース受講期間料金
Lステップマーケティングコース(終了)
AWSフルコース
Javaフルコース
無期限448,000円
デザインコース
WordPress副業コース
無期限348,000円
コース別の料金

安くはない金額ですよね。

簡単ならRaiseTech(レイズテック)を受講せず、Amazon本を買って学んだほうが安上がりです。

RaiseTech(レイズテック)で学ぶAWSやJavaに関する書籍は、多く出版されています。

いのうえ
いのうえ

私も初めは本で学んでいました。

より進んだ内容を学べたり、実践的なスキルが身につくというメリットがあるから、受講するはずです。

プログラミングスクール受講経験のある私が保証しますが、RaiseTech(レイズテック)は難しいけれど、真剣に取り組めば必ず力が付きますよ。

すぐに習得できるスキルには価値がない

スキルの価値はどこにあると思いますか?

正解は、希少性です。

希少性があればあるほど、仕事で重宝されます。

もし、RaiseTech(レイズテック)が簡単なら、誰でもすぐに身に着くスキルしか習得できないでしょう。

スキルの希少性報酬の単価
高い高い
低い安い
スキルと報酬の関係

本腰を入れて時間をかけて学ばないといけないからこそ、価値が出てくるはずです。

エラーにぶち当たりながら、メンターにも質問をして試行錯誤する時間が、スキルを磨きます。

いのうえ
いのうえ

プログラミングはエラーとの戦いです。頑張りましょう。

できるだけRaiseTech(レイズテック)を難しいと感じないために

できるだけRaiseTech(レイズテック)を難しいと感じないために
できるだけRaiseTech(レイズテック)を難しいと感じないために

やることは、ただひとつ

  • RaiseTech(レイズテック)について理解を深める

ことです。

RaiseTech(レイズテック)公式サイトに概要は載っていますが、ちょっと物足りないです。

そこでおすすめなのが、無料説明会に参加してみること。

内容は次のとおり。

  • 毎週金曜日20時にリアルタイム開催 or 動画視聴
  • IT業界の内訳と現在の動向
  • エンジニアやデザイナーなどの職種の説明

このようにRaiseTech(レイズテック)を検討しているなら、参加しない選択肢がありません。

受講生から非常に高い満足度を得て、多くのエンジニア転職者を輩出している秘訣がわかりますよ。

いのうえ
いのうえ

運営者のエナミさんが説明してくれます。RaiseTech(レイズテック)について理解を深めておけば、実際に受講開始してからギャップが少なくて済みますね。

主催者エナミさんの紹介
主催者エナミさんの紹介
月単価80万円以上の現役エンジニアが直接指導
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金10%オフの特典付き!
※公式サイトに移動します
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

RaiseTech(レイズテック)の受講を迷っている方へ

RaiseTech(レイズテック)の受講を迷っている方へ
RaiseTech(レイズテック)の受講を迷っている方へ

今回は、RaiseTech(レイズテック)が難しい理由や、受講する意味について解説しました。

この記事の要約
  • RaiseTech(レイズテック)が難しい理由
    1. そもそもプログラミングが難しい
    2. 実践的な課題をクリアしないといけない
    3. 一人で学習を継続する必要がある(人による)
  • RaiseTech(レイズテック)は難しいからこそ受講する意味がある
    1. 内容が簡単なら本で学習したほうが安上がり
    2. すぐに習得できるスキルには価値がない
  • できるだけRaiseTech(レイズテック)を難しいと感じないために
    1. 無料説明会に参加してみる
    2. RaiseTech(レイズテック)について理解を深めることが大事

RaiseTech(レイズテック)は難しいですが、真面目に取り組めば実力をつけて卒業できます。

過度に恐れることなく、受講してみてください。

最後に、RaiseTech(レイズテック)の受講を迷っているあなたに、大事なことをお伝えします。

行動するのが早ければ、プログラミングのスキルが身につくのも早い

ということ。

不安で決断に時間をかけたい気持ちは痛いほど分かりますが、迷っている時間がもったいないです。

RaiseTech(レイズテック)には、無料説明会があります。

無料説明会を受けてから、もし「自分に合わない」と思ったら、やめれば良いだけ。

無料なのでリスクはゼロ。迷って時間を無駄にせず、思い切って申し込むべきです。

補足:RaiseTech(レイズテック)は値上げする可能性あり

RaiseTech(レイズテック)に申し込むなら、絶対に「今すぐ」がベストです。

なぜなら、昨今のプログラミングブームにより、プログラミングスクールは値上げが続いているから。

事実、RaiseTech(レイズテック)も

  • AWSフルコース:346,500円(税込) → 448,000円(税込)

と値上げしています。

今後、さらに値上げする可能性も十分にあります。

後から値上げした料金を払うより、今決断をして行動するほうが賢明な判断ですよね。

月単価80万円以上の現役エンジニアが直接指導
お金は一切不要・途中退会OK
今なら料金10%オフの特典付き!
※公式サイトに移動します
※無料説明会はいつ終わるかわからないのでお早めに

以上、『RaiseTechは難しいです!だからこそ挑戦する価値あり』でした。

error: コンテンツのコピーは禁止されています。