【プログラミングスクールの無料体験はこちら】

【PHP】Null合体演算子とは?使い方を解説します

PHP

PHP7.0以降で使うことができるNull合体演算子を紹介します。

ターゲット読者

Null合体演算子が分からない人

この記事でわかること

Null合体演算子の使い方

使い方

<?php
    // $_POST['test']で送信内容を取得し、もし、ない場合は'nothing'を使う。
    $test = $_POST['test'] ?? 'nothing';
?>

$_POST[‘test’]があれば、$_POST[‘test’]が$testに代入されます。
$_POST[‘test’]がなければ、’nothing’が$testに代入されます。

メリット

Null合体演算子を使うメリットは、コードをより簡単に書けることです。

<?php
    // $_POST['test']で送信内容を取得し、もし、ない場合は'nothing'を使う。
    $test = $_POST['test'] ?? 'nothing';
    // 三項演算子とisset()を組み合わせている下のコードも同じ意味です。
    $test = isset($_POST['test']) ? $_POST['test'] : 'nothing';
?>

比べると、Null合体演算子を使う方がすっきり書けています。

タイトルとURLをコピーしました