Google ColaboratoryでNo such file or directoryの解決法

アイキャッチ画像
No such file or directory

エラー発生時

Google Driveにアップロードしたファイルを、Google Colaboratoryでファイルを開こうとしたとき。

  • 正しくパスを通している
  • 作業ディレクトリも合っている

※作業ディレクトリが誤っている場合は、次のコードで確認・移動してください。

# 作業ディレクトリの確認
os.getcwd()

#作業ディレクトリの移動
os.chdir('ディレクトリ名')

原因

開こうとした名前のファイルが存在しない。

エラー文を和訳したままですが。

エラーで困っている人
エラーで困っている人

え?正しくパスを通しているし、ファイル名は変更してないんだけど。

こんな疑問が出るかと思います。

実は、Google Driveは初期設定のままだと、アップロードしたファイルの拡張子が変更されます。

  • .txt → .gdoc

つまり、開きたいファイルを指定できていません。

解決法

Google Driveの設定を変更して、拡張子が変更されないようにしましょう。

歯車アイコン → 設定。

設定を選択
設定を選択

全般 → 「アップロードしたファイルを変換する」のチェックを外す。

ファイルの拡張子を変更させない
ファイルの拡張子を変更させない

あとは、開きたいファイルをアップロードし直せばOKです。

補足

.gdocの拡張子のまま開くのは不可能です。

this operation is not supported

上記のエラーが起きます。

以上、『Google ColaboratoryでNo such file or directoryの解決法』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました