【プログラミングスクールの無料体験はこちら】

Pythonの組み込み型一覧

Python
この記事で解決できる悩み
  • Pythonの組み込み型とは?
  • Pythonの組み込み型にはどんなものがあるの?

こんな悩みを解決します。

いのうえ
いのうえ

こんにちは、学生フリーランスエンジニアのいのうえ(@inouelog)です!

Pythonの組み込み型とは、あらかじめ用意されているオブジェクトの型のことです。

オブジェクトとは、Pythonで操作するデータなどをひとまとめにしたものです。数値や文字列もオブジェクトです。

この記事では、Pythonの組み込み型を一覧にまとめ、紹介します。

Pythonの組み込み型一覧

Pythonの組み込み型は、大きく分けると次の5つがあります。

  • 数値型
  • bool型
  • シーケンス型
  • 集合型
  • マッピング型

それぞれ解説していきます。

数値型

数値型は3つあります。

  • 整数型(int)
  • 浮動小数点型(float)
  • 複素数型(complex)

整数型(int)とは、小数点が付かない数値です。

a = 1
b = 7

浮動小数点型(float)とは、小数点が付く数値です。

c = 1.3
d = 5.7

複素数型(complex)とは、a+bj(aとbは実数)で表される数値です。

e = 1+7j
f = 1.3+5.7j

虚数単位は、数学では小文字のiを使うことが多いですが、電気工学やPythonでは小文字のjを使います。

bool型

bool型は、TrueFalseの値を持ちます。

また、

  • 条件が真なら、True
  • 条件が偽なら、False

となります。次のコードでは、hが偽なのでFalseが表示されます。

>>> g = 1
>>> h = g > 2
>>> print(h)
False

シーケンス型

シーケンス型とは、複数のデータを順番を付けて並べたかたまりです。シーケンス型は3つあります。

  • 文字列
  • リスト
  • タプル

文字列では、文字をシングルクォーテーション(‘)または、ダブルクォーテーション(“)で囲みます。

i = 'study'
j = "Python"

リストでは、カンマで区切って並べたデータを角括弧[]で囲みます。リストに格納された各々のデータを「要素」と言います。

k = [0, 1, 2, 3]
l = ['a', 'b', 'c', 'd']

タプルでは、カンマで区切って並べたデータを丸括弧()で囲みます。タプルでは、要素の型が異なっていてもOKです。

m = (0, 1, 2, 3)
n = (0, 'a', 1, 'b')

集合型

集合型には、集合(set)があります。

集合とは、複数のデータを順番を付けず並べたかたまりです。カンマで区切って並べたデータを波括弧{}囲みます。

o = {0, 1, 2, 3}
p = {'a', 'b', 'c', 'd'}

マッピング型

マッピング型には、辞書(dict)があります。

辞書とは、キーと値のコロン(:)を使ったペアを順番を付けず並べたかたまりです。カンマで区切って並べたペアを波括弧{}で囲みます。

q = {0:'a', 1:'b', 2:'c', 3:'d'}

Pythonの組み込み型 まとめ

この記事では、Pythonの組み込み型を紹介しました。

いのうえ
いのうえ

シーケンス型・集合型・マッピング型は、順番の有無や括弧の違いなどが少々紛らわしいですが、よく使うので習得しましょう!

以上、『Pythonの組み込み型一覧』でした。

Python学習者におすすめのプログラミングスクール

テックアカデミーのPythonコース
いのうえ
いのうえ

Pythonコースは最近流行りの機械学習も学べます。

タイトルとURLをコピーしました