プログラミングスクールは高いけど受講する価値はある【体験談あり】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • プログラミングスクールって高いけど、受講する価値はあるの?

こんな悩みを解決します。

この記事を開いたあなたは「プログラミングスクールの受講を検討しているが、料金が高いので迷っている」という状況ではないでしょうか。

この記事では、あなたに

  • プログラミングスクールの料金は高い
  • プログラミングスクールは高いけど受講する価値がある理由
  • プログラミングの高い料金を安くするには

について解説します。

この記事を読めば

あなたがプログラミングスクールを受講するべきか

がよく分かります。

ぜひ、最後までご覧ください。

執筆者:いのうえのプロフィール
いのうえ(@inoouelog

プログラミングスクールの料金は高い

はっきり言って、プログラミングスクールの料金は高いです。

安くても15万円、高いところだと100万円近くするプログラミングスクールもあります。

一方、独学で書籍等にて学んだ場合、1冊3,000円の書籍を6冊買っても2万円弱で済むのでかなり安上がりです。

私はプログラミングスクール受講を強要するつもりはないので、独学で学びたい方はAmazonなどで書籍を買って学ぶことをおすすめします。

プログラミングスクールは高いけど受講する価値がある理由

プログラミングスクールは高いですが、受講する価値は無いのか?というと、NOです。理由は次のとおり。

  • 今後、プログラミングの需要は高まる
  • 学習方針が定まる
  • 仲間ができたりモチベーションの維持ができる
  • 分からないことを講師に質問できる
  • 転職サポートを受けられる

それぞれ解説していきます。

今後、プログラミングの需要は高まる

IT人材の不足

経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年にはIT人材が最大で79万人不足すると推測されています。

IT事業は年々拡大ししていく一方で、IT人材は全く足りていません。

今のうちにプログラミングスキルを見に付けておけば、将来的に求められ続ける人材になれます。

学習方針が定まる

プログラミングスクールに通うと、やらないといけないことがはっきりして学習方針が定まるので、スムーズに学習が進みます。

実はこれってすごいメリットなんですよ。

私は独学を経てプログラミングスクールに通ったのですが、独学をしているときは

  • 次はなにをしよう?
  • 今学んでいる参考書で十分なのかな?

と不安を感じながら学習していました。

しかし、プログラミングスクールではゴールまでの道筋が示されるので、一度も不安を感じること無く全力疾走で学習をすすめることが出来ました。

いのうえ
いのうえ

4週間の受講期間だったのですが、早期卒業できました(笑)

プログラミングに限らずですが、学習方針を自分で考える必要がないとだいぶ楽になるので、学習に集中できます。

仲間ができたりモチベーションの維持ができる

プログラミングスクールには教室を持っているところもあり、教室で切磋琢磨しながら学習ができます。

また、受講開始日が設定してあるプログラミングスクールでは、”同期”とのつながりもできます。Twitterでは、同期と情報交換しながら学習している方も多いですよ。

さらに、複数人では共同でプログラミングをするチーム開発を通してつながりも増えます。

このように、プログラミングスクールでは

仲間ができる → モチベーションの維持

という好循環が生まれます。

分からないことを講師に質問できる

独学では分からないところを質問できる相手がおらず、挫折する場合が少なくありません。

一方、プログラミングスクールでは講師に質問できるので、挫折するリスクを抑えることができます。

私も独学していたときは、分からないことが雪だるま式に溜まっていき、相談できる相手もいなかったので挫折してしまいました。

勉強はそれなりできる方なので自信はあったのですが、プログラミングは訳が違いました。

いのうえ
いのうえ

プログラミングスクールに通ったところ、疑問がすぐに解決できるのでスムーズに学習をすすめることが出来ました。

転職サポートを受けられる

ここまで述べてきた内容は、正直、独学でも努力や工夫次第で克服できるものです。

しかし、転職サポートに限ってはプログラミングスクールに通わないと受けることは出来ません。

プログラミングスクールには、次のような転職サポートを用意しています。

  • 独自の求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策

これらのサポートはエンジニア転職において、とても心強いのではないでしょうか。

プログラミングスクールの高い料金を安くするには

プログラミングスクールは高くても通う価値はある、とは言え、やはり高い料金はネックですよね。

そこで、料金を安くする方法を2つ紹介します。

  • 給付金を受け取る
  • 無料体験などに参加して割引を受ける

それぞれ解説していきます。

給付金を受け取る

給付金は、正式には「専門実践教育訓練給付金」と言います。

いのうえ
いのうえ

ざっくり言うと「専門的なスキルを身につけたい人のために、政府から出る支援金」みたいなものです。

給付金を受け取れるプログラミングスクールは政府が認定しています。条件は次のとおり。

  • 経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座
  • 厚生労働省の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座

これらを満たすプログラミングスクールだけが給付金を受け取れます。例えば

などがあります。

給付金を受け取ると最大56万円がキャッシュバックされるので、実質料金が大幅に下がります。

無料体験などに参加して割引を受ける

プログラミングスクールの中には

  • 無料でカリキュラムを一部受講できる無料体験
  • 無料でお悩み相談ができる無料カウンセリング

などを実施しているところもあります。

さらに、これらを受けることで割引を受けられるプログラミングスクールもあります。

たかだか1万円かもしれませんが、安くできるならできたほうが良いですよね。

まとめ

ここまで

  • プログラミングスクールの料金は高い
  • プログラミングスクールは高いけど受講する価値がある理由
  • プログラミングの高い料金を安くするには

について解説してきました。

プログラミングスクールが高いのは事実です。

しかし、プログラミングスクール通うだけの価値がいくつもあるのは分かっていただけたかと思います。

また、プログラミングスクールを卒業してからエンジニアとして使える人材なれるか気になる方は、プログラミングスクール卒業生は使えないのか?【卒業生が語る】をご覧ください。

以上、『プログラミングスクールは高いけど受講する価値はある【体験談あり】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました