プログラミングはHTMLから学んでもOKです【条件あり】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • プログラミングはHTMLから学ぶべき?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • プログラミングをHTMLから学んでも良い人
  • プログラミングをHTMLから学ぶメリット
  • プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、プログラミングをHTMLから学び、現在はエンジニアをしております。

プログラミング言語って、たくさんあるので初心者だとどれから学べば良いか分かりませんよね。

ネットでは「HTMLから学びましょう!」という意見がある一方で、「HTMLは学ばなくて良い」という意見もあるので、混乱すると思います。

今回は、プログラミングをHTMLから学んでも良い人や、HTMLから学ぶメリットについて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

プログラミングをHTMLから学んでも良い人

はじめに、HTMLは厳密にはプログラミング言語ではありません。マークアップ言語といって、入力した文章を表示するための言語です。

前置きはここまでにして、プログラミングをHTMLから学んでも良い人を解説します。

次の2つです。

  1. WEBサイト制作をしたい人
  2. WEBアプリ開発をしたい人

いわゆる「WEB系エンジニア」と言われる職業です。

仕事内容は多岐にわたりますが、その名とおりWEB全般に関わるITエンジニアです。

WEBサイト制作をしたい人

プログラミングをHTMLから学んでも良い人の1人目は、WEBサイト制作をしたい人です。

WEBサイトはホームページと同義だと思っていただいてOKです。

WEBサイトは、ただ単に文字や画像を表示するサイトです。ユーザーが文字を入力したり、画像を追加することはできません。

いのうえ
いのうえ

ユーザーはサイトを見ることしかできません。

HTMLは、WEBサイト制作では最も重要な言語です。

当たり前ですが、文字や画像を表示するためにはHTMLがないと始まりませんからね。

さらに、CSSという見た目を整えるための言語を学ぶことで、綺麗なWEBサイトを作ることができますよ。

HTMLとCSSはセットで扱わることが多いです。「HTMLを学ぶなら、CSSも!」という感じです。

WEBアプリ開発をしたい人

プログラミングをHTMLから学んでも良い人の2人目は、WEBアプリ開発をしたい人です。

もしかすると、「WEBアプリ」という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。

WEBアプリは、WEBサイトと違いユーザー側から文字を入力したり画像を追加できます。データのやり取りができるわけです。

いのうえ
いのうえ

例えば掲示板です。文字を入力してボタンを押すと、あなたの投稿が追加されますよね。

HTMLは、WEBアプリ開発では基本となる言語ですが重要ではありません。

後述しますが、WEBアプリはPHPやRubyなどのプログラミング言語メインで開発します。

また、場合によっては

  • HTMLやCSSを使う人(フロントエンドエンジニア)
  • PHPやRubyを使う人(バックエンドエンジニア)

で分業して開発を進めていきます。

つまり、HTMLから学んでOKですが、そこまで極める必要はありません。

プログラミングをHTMLから学ぶメリット

続いて、WEB系エンジニアを目指す人が、プログラミングをHTMLから学ぶメリットを解説します。

次の2つです。

  1. 習得しやすいので初期段階の挫折が防げる
  2. 変化がわかりやすい

それぞれ解説していきます。

習得しやすいので初期段階の挫折が防げる

プログラミングをHTMLから学ぶメリットの1つ目は、習得しやすいので初期段階の挫折が防げることです。

はっきり言って、HTMLはプログラミング言語の中では最も習得しやすいです。

プログラミングは簡単ではありません。

ですが、HTMLは直感的にコードを書いていくだけで、自分が意図したものを表示できます。

いのうえ
いのうえ

深く考えると言うより、ひたすらコードを書いていく感覚です。

また、HTMLはエラーが発生しないので、画面を見ておかしい部分を修正すれば意図したものに近づいていけます。

プログラミング言語ではエラーが発生します。エラーを解決できず、途方に暮れるプログラミング初心者も多いです。

つまり、まずはHTMLから学んでみることで

プログラミングを学び始めたけど、いきなり分からない

という状況を防ぐことができます。

変化がわかりやすい

プログラミングをHTMLから学ぶメリットの2つ目は、変化がわかりやすいことです。

すでに述べたとおり、HTMLを使えば直感的に文字を表示できます。

つまり、自分が変更した部分が画面のどこでどのように表示されるか、簡単に分かります。

プログラミング言語では、変更した部分と関係している部分にまで影響が及ぶので、複雑です。

プログラミング初心者であれば

HTMLを学んで、コードを書く感覚

を養うのが大切です。

もちろん、HTMLじゃなくても感覚は養うことはできますが、まずは簡単なものから始めてみるのが大切ですよ。

プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語

最後に、HTMLを学んで習得できた先にどの言語を学べば良いか?について解説します。

結論から先に話すと

  1. WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript
  2. WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

です。

WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript

JavaScriptは、WEBサイトに動きをつけるプログラミング言語です。

例えば、この記事の冒頭にある目次の各項目を押すと、スクロールして該当箇所に移動します。

こんな感じの動きをJavaScriptで実装できます。

いのうえ
いのうえ

動きのあるWEBサイトは使ってて楽しいですよね。

WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

PHPやRubyは、WEB開発で主に使う言語です。

例えば、掲示板の投稿を受け取って、保存し、表示する機能をつけることができます。

他にもいろんな機能を実装できるようになるので、WEB開発をしたい人は本気でPHPかRubyを学んでください。

PHPとRubyの両方を学ぶ必要はありません。どちらかを学べばOKです。

まとめ:WEB系エンジニアを目指すならHTMLから学ぼう

今回は、プログラミングをHTMLから学んでも良い人や、HTMLから学ぶメリットについて解説しました。

この記事の要約
  • プログラミングをHTMLから学んでも良い人
    1. WEBサイト制作をしたい人
    2. WEBアプリ開発をしたい人
  • プログラミングをHTMLから学ぶメリット
    1. 習得しやすいので初期段階の挫折が防げる
    2. 変化がわかりやすい
  • プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語
    1. WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript
    2. WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

プログラミングをHTMLから学ぶことについては賛否ありますが、WEB系エンジニアを目指すならHTMLからです。

まずは、HTML(とCSS)を学んでみて、その次にあなたがやりたいことに合わせてプログラミング言語を学んでいってください。

独学がキツそうなら、テックアカデミーというプログラミングスクールの無料体験で、HTMLの基礎から学べますよ。

以上、『プログラミングはHTMLから学んでもOKです【条件あり】』でした。

error:コンテンツのコピーは禁止されています。
タイトルとURLをコピーしました