PR

プログラミングはHTMLから学んでもOKです【条件あり】

アイキャッチ画像
この記事で解決できる悩み
  • プログラミングはHTMLから学ぶべき?

こんな悩みを解決します。

この記事の内容
  • プログラミングをHTMLから学んでも良い人
  • プログラミングをHTMLから学ぶメリット
  • プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語
いのうえ
いのうえ

この記事を書く私は、プログラミングをHTMLから学び、現在はエンジニアをしております。

プログラミング言語ってたくさんあるので、初心者だとどれから学べば良いか分かりませんよね。

ネットでは「HTMLから学びましょう!」という意見がある一方で、「HTMLは学ばなくて良い」という意見もあるので、混乱すると思います。

今回は、プログラミングをHTMLから学んでも良い人や、HTMLから学ぶメリットについて解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

プログラミングをHTMLから学んでも良い人

プログラミングをHTMLから学んでも良い人
プログラミングをHTMLから学んでも良い人

はじめに、HTMLは厳密にはプログラミング言語ではありません。

マークアップ言語といって、入力した文章を表示するための言語です。

いのうえ
いのうえ

「HTMLはプログラミングじゃない!」と指摘する方もいらっしゃるので、念のため言っておきます(笑)

前置きはここまでにして、プログラミングをHTMLから学んでも良い人を解説します。

次の2パターンです。

  1. WEBサイト制作をしたい人
  2. WEBアプリ開発をしたい人

いわゆる「WEB系エンジニア」と言われる職業ですね。

仕事内容は多岐にわたりますが、その名とおりWEB全般に関わるITエンジニアです。

順番にそれぞれ解説します。

WEBサイト制作をしたい人

WEBサイトは、ただ単に文字や画像を表示するサイトです。

ユーザーが文字を入力したり、画像を追加すること(インタラクティブな操作)はできません。

いのうえ
いのうえ

ユーザーはサイトを見ることしかできません。

WEBサイト制作をしたいなら、HTMLを扱うことがメインになるので必ずHTMLから始めてください。

HTMLを極めることで目指せる職種は、次のとおり。

  • WEBデザイナー
  • マークアップエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

HTMLは、WEBサイト制作では最も重要な言語です。

当たり前ですが、文字や画像を表示するためにはHTMLがないと始まりませんからね。

さらに、「CSS」という見た目を整えるための言語を学ぶことで、綺麗なWEBサイトを作ることができますよ。

「HTMLを学ぶなら、CSSも!」という感じで、HTMLとCSSはセットで扱わることが多いです。

WEBアプリ開発をしたい人

WEBアプリは、WEBサイトに様々な機能をつけたものです。

WEBアプリは、WEBサイトと違いユーザー側から文字を入力したり画像を追加できます。

つまり、データのやり取りができるわけですね。

いのうえ
いのうえ

例えば掲示板です。文字を入力してボタンを押すと、あなたの投稿が追加されますよね。

WEBアプリを開発したいなら、HTMLはプログラミングを学ぶ手始めに触るイメージです。

主な職種は、次のとおり。

  • バックエンドエンジニア

ただし、一言でバックエンドエンジニアと言っても、多岐に渡ります。

HTMLは、WEBアプリ開発では基本となる言語ですが重要ではありません。

後述しますが、WEBアプリはPHPやRubyなどのプログラミング言語メインで開発します。

多くの場合は

言語ポジション
HTMLやCSSフロントエンドエンジニア
PHPやRubyバックエンドエンジニア
言語別の職種

という方式を取り、分業して開発を進めていきます。

だから、WEBアプリ開発をしたいならHTMLから学んでOKですが、そこまで極める必要はないわけですね。

WEBアプリ開発をする人はHTMLの学習はほどほどにして、PHPやRubyのスキルを上げたほうが効率は良いです。

プログラミングをHTMLから学ぶメリット

プログラミングをHTMLから学ぶメリット
プログラミングをHTMLから学ぶメリット

続いて、WEB系エンジニアを目指す人が、プログラミングをHTMLから学ぶメリットを解説します。

次の2つです。

  1. 習得しやすいので初期段階の挫折が防げる
  2. 変化がわかりやすい

一言で言うと、HTMLは初心者にとってハードルが低いということです。

いきなり難しいことをするより、コツコツと積み上げていくほうが良いですよね。

順番にそれぞれ解説します。

習得しやすいので初期段階の挫折が防げる

プログラミングを学ぶなら、挫折したくないのは当たり前ですよね。

はっきり言って、HTMLはプログラミング言語の中では最も習得しやすいです。

もちろん、HTMLであってもしっかり学習しないと習得できないのは事実ですが。
≫ HTMLとCSSが難しい理由と解決策を解説した記事

ざっくり言うと、そもそもプログラミング自体簡単ではないからですね。

ただ、HTMLは直感的にコードを書いていくだけで、自分が意図したものを表示できます。

後述しますが、この分かりやすさが良いわけですね。

いのうえ
いのうえ

深く考えると言うより、ひたすらコードを書いていく感覚です。

また、HTMLはエラーが発生しないので、画面を見ておかしい部分を修正すれば意図したものに近づいていけます。

プログラミング言語ではエラーが発生します。エラーを解決できず、途方に暮れるプログラミング初心者も多いです。

つまり、まずはHTMLから学んでみることで

プログラミングを学び始めたけど、いきなり分からない

という状況を防ぐことができます。

さらに、プログラミングスクールでエンジニアから指導を受ければ、挫折する確率はグッと減るでしょう。

おすすめは、下記の記事で解説しています。
≫ おすすめのプログラミングスクール3選

変化がわかりやすい

すでに述べたとおり、HTMLを使えば直感的に文字を表示できます。

つまり、自分が変更した部分が画面のどこでどのように表示されるか、簡単に分かります。

プログラミング言語では、変更した部分と関係している部分にまで影響が及ぶので、複雑です。

プログラミング初心者であれば

HTMLを学んで、コードを書く感覚

を養うのが大切です。

もちろん、HTMLじゃなくても感覚は養うことはできますが、まずは簡単なものから始めてみるのが大切ですよ。

いのうえ
いのうえ

HTMLはわかりやすいので、モチベーションも維持できますね。

プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語

プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語
プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語

最後に、「HTMLを学んで習得できた後、どの言語を学べば良いか?」について解説します。

結論から先に話すと

  1. WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript
  2. WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

です。

プログラミングを使ってやりたいことによって、学ぶ言語は変わります。

WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript

JavaScriptは、WEBサイトに動きをつけるプログラミング言語です。

例えば、この記事の冒頭にある目次の各項目を押すと、スクロールして該当箇所に移動します。

JavaScriptを使えば、こんな感じの動きを実装できますよ。

いのうえ
いのうえ

動きのあるWEBサイトは使ってて楽しいですよね。

ただし、JavaScriptはHTMLやCSSと違いプログラミング言語なので、誤ったコードを書くとエラーが発生します。

WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

PHPやRubyは、WEB開発で主に使う言語です。

例えば、掲示板の投稿を受け取って、保存し、表示する機能をつけることができます。

他にもいろんな機能を実装できるようになるので、WEB開発をしたい人は本気でPHPかRubyを学んでください。

PHPとRubyの両方を学ぶ必要はありません。どちらかを学べばOKです。

いのうえ
いのうえ

私の場合、HTMLとCSSを学んだ後にPHPを学びました。

まとめ:まずはHTMLからプログラミングに入門しよう

まとめ:まずはHTMLからプログラミングに入門しよう
まとめ:まずはHTMLからプログラミングに入門しよう

今回は、プログラミングをHTMLから学んでも良い人や、HTMLから学ぶメリットについて解説しました。

この記事の要約
  • プログラミングをHTMLから学んでも良い人
    1. WEBサイト制作をしたい人
    2. WEBアプリ開発をしたい人
  • プログラミングをHTMLから学ぶメリット
    1. 習得しやすいので初期段階の挫折が防げる
    2. 変化がわかりやすい
  • プログラミングをHTMLから学んだ後に学ぶ言語
    1. WEBサイト制作をしたいなら、JavaScript
    2. WEBアプリ開発をしたいなら、PHPかRuby

プログラミングをHTMLから学ぶことについては賛否ありますが、WEB系エンジニアを目指すならHTMLからです。

なので、HTML(とCSS)を学んでみてください。

そして、次にあなたがやりたいことに合わせてプログラミング言語を学びましょう。

独学がキツいならテックアカデミーなどのプログラミングスクールの無料体験でHTMLの基礎から学べますよ。
≫ テックアカデミーの無料体験を徹底解説

以上、『プログラミングはHTMLから学んでもOKです【条件あり】』でした。

error: コンテンツのコピーは禁止されています。